コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントゥール サントゥールsantur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サントゥール
santur

西アジアと北インドで使われるツィター属の打弦楽器。アラビア語ではサンティール,ギリシアではサントゥーリと呼ばれる。イランでは代表的な楽器の一つに数えられるが,古典音楽で今日用いられるサントゥールは,梯形の浅い共鳴箱の上に各 4本ずつ 18~24コースの金属弦を張り,細く軽い櫂状の撥(ばち)を両手に 1本ずつ持って,トレモロの技巧を使って打ち鳴らすもの。中世ヨーロッパのダルシマーと同じ種類の楽器で,東ヨーロッパのロマが使うツィンバロンや,中国や朝鮮の洋琴とも楽器史のうえでつながりをもつ。(→イラン音楽ツィター

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サントゥール(〈アラビア〉・〈ペルシア〉・〈トルコ〉santur)

西アジアおよびインド、パキスタンの打弦楽器。台形をした共鳴箱の上に多数の弦を水平に張り、2本の桴(ばち)で打奏する。ダルシマーと同系統の楽器。→ダルシマー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サントゥール

イランのツィター属打弦楽器。台形の薄い木製共鳴箱の上に,3〜4本1コースの金属弦を10〜18コース張り,両手の人指し指と中指で持った細長い2本の棒で打奏する。左右2列に木製の小さな可動柱を配し,音域は3オクターブ以上に及ぶ。
→関連項目チャング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サントゥール【sanṭūr[アラビア]】

西アジアと中央アジアで広く用いられていたチター属の弦楽器(イラスト)。左右相称の台形平面をもつ高さ6cmほどの共鳴箱に多数の金属弦を水平に張り,2本の細い木桴で打奏するもの。今日ではイラン,イラク,および北インドのカシミール地方の古典音楽にもっぱら用いられる。イランの典型的なサントゥールを例にとると,クルミなど硬質木材で作った台形の底辺(長辺)約90cm,それと平行短辺約36cm,高さ30cm,箱の厚さ6~7cmの響板の上に,9コースの鋼鉄線(高音)と9コースのシンチュウ線(低音)が長短両辺と平行に張られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サントゥール【santūr】

西アジア・北インド・ギリシャなどの打奏チター。左右相称の台形の平面をもつ共鳴箱上に、多数の金属弦を張ったもの。弦を二本の桴ばちで打って奏する。中国・朝鮮の洋琴や、英語圏でハンマー-ダルシマーと呼ばれるものは同種の楽器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サントゥール
さんとぅーる
santurペルシア語

西アジアや北西インドの古典芸術音楽で用いられるチター属の弦鳴楽器。台形の共鳴箱(長辺約1メートル、短辺約40センチメートル、奥行約30センチメートル、厚さ5~7センチメートル)の長短両辺と平行に、1コース4本で18~24コースの金属弦を張り、各コースに一つずつ可動駒(こま)を立てたもの。共鳴箱の表板には普通、透彫り付き響孔が二つある。奏者は長辺側に座り、先端が厚くなった軽い硬木製やプラスチック製の櫂(かい)状の桴(ばち)を両手に持ち、おもにトレモロ技法を用いて打奏する。共鳴胴の横には調律ピンが水平につけられており、演奏のたびに曲の旋法にあわせて調弦する。音域は3オクターブ以上のものが多い。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サントゥールの関連キーワードピアノ(楽器)ペルシア音楽ハンマールベーグ