コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋琴 ようきんYang-qin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洋琴
ようきん
Yang-qin

中国,朝鮮の打弦楽器。平らな梯形の箱状の木製胴の上面に細長い2本の駒をつけ,その上に胴面と平行に真鍮製の弦を張り,2本の細い竹製の棒を両手に持ち打奏する。大型のものと小型のものとがあり,弦数は大型で 76本,小型で 14本など種々ある。弦数の多いものは,3本あるいは4本ずつをまとめて同音に調律。アラビアのカーヌーン系の楽器が清初にイエズス会宣教師によって中国にもたらされ洋と呼ばれるようになったと考えられる。李朝英祖 (1725~76) のとき朝鮮に伝わった。日本にも明清楽 (みんしんがく) の楽器として江戸時代末に伝来したが,現在は用いられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐きん〔ヤウ‐〕【洋琴】

中国の打弦楽器。扁平な箱状の木製胴の上に多数の真鍮(しんちゅう)弦を平行に張り、2本の竹製の細い棒(琴竹)で打奏する。大きさ・弦数などは多様。朝鮮を経て、19世紀中ごろに日本に伝来した。
ピアノのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

洋琴【ようきん】

中国のツィター属打弦楽器。中国語ではヤンチン。楊琴とも。明代の末(17世紀)に西アジアから広東省沿岸地帯に伝わったサントゥールが中国化したもの。その後全国的に広まり,語り物の伴奏,器楽合奏,独奏などに用いられる。
→関連項目ボグン・ドー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようきん【洋琴】

(1)中国,モンゴル,朝鮮半島の伝統的な弦楽器の一種。台形の箱形チターで,両手に各1本ずつ持った2本の細長い撥(琴竹)で交互に打弦する。弦は鋼鉄とシンチュウの金属弦で,奏者の手前(低音)から向こう(高音)にかけて約20コースが平行に張られる。各コースは2~3本の複弦である。 この楽器は,中国語ではヤンチン,モンゴル語ではヨーチン朝鮮語ではヤングムウイグル族の間ではイェンジンと呼ばれている。日本へは江戸末期に明清楽の楽器として伝来し,ヤンキンと呼ばれたが,ほどなく姿を消した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようきん【洋琴】

近世、中国・朝鮮の打弦楽器。平たい箱状の木製胴の上面に真鍮しんちゆう弦を平行に張り竹製の細い棒(琴竹)を左右の手に持ち打ち鳴らす。弦数は一四~七六本で種々ある。日本では明清楽の楽器として用いられた。
ピアノのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洋琴
ようきん

中国のチター属打弦楽器。揚琴とも書く。台形の木製共鳴胴(底辺70~100センチメートル、奥行40~50センチメートル)の上に2~3列の可動ブリッジを置き、1コース2~4弦で7~18コースの金属弦を張る。奏者は楽器を台の上に置き、2本の細長い竹の桴(ばち)でおもにトレモロ奏法や強弱法を用いて打弦する。イランのサントゥールやヨーロッパのダルシマーなどの系列に属するが、楽器の由来については、17世紀(明(みん)朝末期)に広東(カントン)地方に伝えられたこと以外は不明である。初期のものは胡蝶琴(こちょうきん)とよばれ、蝶の形をした小型胴に7コースの弦が張られていた。ベトナムや朝鮮半島、モンゴルの同型楽器は中国の洋琴が伝播(でんぱ)したものである。今日の中国では、伝統的合奏や歌劇の伴奏、あるいは、西洋楽曲の独奏などに広く用いられている。[山田陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

洋琴の関連キーワード勤・謹・今・僅・勤・均・巾・懃・斤・欣・欽・琴・禁・禽・筋・緊・菌・衾・衿・襟・謹・近・金・錦ヤンチン(洋琴/楊琴)ピアノ(楽器)マテオ・リッチモンゴル音楽東儀 季芳ダルシマー芝 葛鎮奥 好義周ピアノ金千興近世弾詞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android