サン・ステファノ条約(読み)サンステファノじょうやく

百科事典マイペディアの解説

サン・ステファノ条約【サンステファノじょうやく】

1878年結ばれた露土戦争の平和条約。トルコ領内のスラブ系諸民族の独立承認,ロシアの軍事保護下におけるブルガリア公国の創設,ボスポラスとダーダネルス両海峡の常時開放など,ロシア勢力圏の拡大が定められた。英・オーストリアはこれに反対し,同年ベルリン会議でドイツの仲介により大幅な修正が加えられた。このためロシアの南下政策は阻止され,ロシアと独・オーストリア関係は険悪となった。サン・ステファノSan Stefanoはイスタンブール西郊の小村。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・ステファノ条約
さんすてふぁのじょうやく

ロシア・トルコ戦争(1877~78)でトルコが敗れ、1878年3月、サン・ステファノSan Stefano(イスタンブール近郊の寒村。現在名はイェスィルキョイ)で調印された講和条約。この条約によってトルコは、自国の宗主権下には置くが黒海からエーゲ海に及ぶブルガリア公国の新設、およびセルビア、モンテネグロ、ルーマニアの自国からの完全独立、また黒海沿岸トルコ領の一部のロシアへの割譲、アルメニア地方におけるロシアの保護権などを承認させられた。この条約はロシアの主張を露骨に反映していたため、これを脅威とみなしたイギリス、オーストリアが強く反対した。しかしイギリスはその後ロシアとの密議でキプロス(トルコ領)の領有を認めさせた。イギリス、ロシア間の了解成立でドイツ・オーストリア・ロシア三帝同盟(1873)に亀裂(きれつ)が生じるのを恐れたドイツのビスマルクは、この問題の調停を呼びかけ、同年6月、ベルリンにロシア、トルコ、イギリス、オーストリア、フランス、イタリアの各首相を招いていわゆる「ベルリン会議」を催した。この会議ではサン・ステファノ条約が大幅に修正され、ロシアの主張が縮小される一方、イギリス、オーストリアの要求が認められた。またロシア・トルコ戦争の原因であるバルカン民族の要求は無視されたため、後の紛争の原因をつくりだす結果となった。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android