サン・ビターレ聖堂[ラベンナ](読み)サン・ビターレせいどう[ラベンナ](英語表記)San Vitale, Ravenna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・ビターレ聖堂[ラベンナ]
サン・ビターレせいどう[ラベンナ]
San Vitale, Ravenna

イタリア北部の町ラベンナにあるユスチニアヌス朝時代の聖堂。ほぼ完全な形で残っているビザンチン建築の聖堂として有名。司教エクレジウスによって起工され,547年大司教マクシミアヌスによって献堂された。ナルテックスをもつ八角形プランの聖堂で,内陣部側壁のモザイクが名高い。アブラハムと天使,イサクの犠牲,預言者や福音書記者など旧約聖書題材にしたものや,随臣を伴うユスチニアヌス1世と皇妃テオドラなどが描かれ,ビザンチン・モザイクの代表的作品として知られる。ラベンナの初期キリスト教建築物群の一つとして 1996年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android