コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・キュロット Sans‐culottes

世界大百科事典 第2版の解説

サン・キュロット【Sans‐culottes】

フランス革命期の民衆,とくにパリをはじめとする都市の民衆を指し,革命期の民衆運動の基盤となった社会層をいう。この呼称は,1792年以降に,まずパリの民衆を指すものとして用いられ始め,やがて他の都市でも用いられるようになったが,他の都市ではパリにおけるほどは一般化しなかった。サン・キュロットという言葉は,キュロット(貴族やブルジョアのはく膝までの半ズボン)をもたない者,という意味であり,彼らは,ふつうの仕事着である長ズボン(パンタロン)と短い上着をつけ,好んで自由の象徴であるフリジア帽という赤いやわらかな縁なし帽をかぶり,しばしば長剣(サーベル)や槍を携行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・キュロットの関連キーワードバイイ(Jean Sylvain Bailly)テルミドールの反動コルドリエ・クラブサン・キュロットジャコビニスムロベスピエール人民民主主義アンラジェデムーランセクションジャケット恐怖政治山岳派ズボン革命暦背広ルー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android