コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザール問題 ザールもんだい

2件 の用語解説(ザール問題の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ザール問題【ザールもんだい】

ザールラントの帰属をめぐる独仏間の国際問題。同地方は元来フランス領だったが,普仏戦争の結果1871年プロイセンに割譲された。その豊かな炭田はドイツ工業発展の原因をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザール問題
ざーるもんだい
Saarfrageドイツ語

ザールラントSaarlandはドイツとフランスとの国境地帯にあり、石炭など重要資源を産するヨーロッパ有数の工業地帯であるため両国間にしばしばその領有ないし経済的利用をめぐって紛争が生じた。これをザール問題という。
 まず、第一次世界大戦後、フランスはここを併合しようとしたが、英米の反対で失敗し、賠償の一部として炭坑の利用権を得たにとどまった。ベルサイユ条約はここを国際連盟監督下の自治地域とし、その最終的帰属の決定を15年後の住民投票にゆだねた。ドイツの早期復帰の外交的努力は結実しなかったが、フランスの現状維持ないし併合の努力も失敗した。1935年1月の住民投票では、ナチス・ドイツ下にもかかわらず、90%以上はドイツ復帰を希望し、現状維持は8.8%、フランス帰属は0.4%が表明したにすぎない。
 第二次大戦後、フランスはここを占領すると、英米の黙認の下、ドイツから切り離して親仏的自治政府を育成するとともに、経済的統合の強化を図った。1947年11月の州憲法前文には、ドイツからの政治的独立、フランスとの経済的統合、フランスによる防衛権と外交権の行使などが明確に述べられていた。このような保護国化政策はドイツの反発を招かずにはおかない。ドイツ連邦共和国(西ドイツ)が成立し、難航のすえ、主権回復と北大西洋条約機構(NATO(ナトー))加盟=再軍備とが、54年10月パリ協定で認められるが、ここにはザール地位協定Saarstatutも含まれ、ザールラントのヨーロッパ化、つまり現状維持がうたわれていた。この地位協定が55年10月住民投票に付されると、68%弱は拒否し、親仏的政府は退陣せざるをえなかった。同年末の議会選挙では、西ドイツ編入を主張する政党が勝利を収めた。フランスはザールラントのドイツからの分離を断念し、56年10月27日西ドイツとザール条約Saarvertragを結ぶ。翌年1月1日ザールラントは西ドイツに編入されたが、経済的にもドイツに復帰したのは59年7月であった。フランスの政策転換の背景には、フランスに復帰したロレーヌ地方の工業発展に伴い、ザールラントの鉱・工業は伝統的な南ドイツ市場との結合を強化せざるをえなくなった事情がある。こうしてザール問題は解決された。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のザール問題の言及

【ザールラント】より

…しかし,この州に豊富な石炭が埋蔵されているため,第1次大戦から1956年までドイツとフランスの間でその帰属と経済的利用をめぐって争いが続いた。いわゆるザール問題である。 1919年のパリ講和会議においてクレマンソーは以前のプロイセン領ラインラントの一部とバイエルン領ライン・ファルツの一部とからなるザール地方をフランスに併合することを主張したが,イギリスとアメリカの反対にあい,ベルサイユ条約45~50条によって20年以降15年間国際連盟の任命する小委員会の委任統治のもとにおかれることになった。…

※「ザール問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザール問題の関連キーワードカシミールカシミール紛争ザールブリュッケンザールザールラントザール炭田ディングルトレールラントレールランニングエチオピア・エリトリア紛争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone