コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェール・シャー Sher Shāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェール・シャー
Sher Shāh

[生]1472/1473
[没]1545
インド,ムスリム王朝であるスール朝の創始者 (在位 1539~45) 。ロディー朝末期からムガル帝国創始期に,北インド各地に割拠していたアフガン系諸族の一つであるスール族の首長であった彼は,ビハール地方に勢力を拡大し,アフガン系諸族を統合して,1540年ムガル帝国第2代皇帝フマーユーンをカナウジに破り,スール朝を創始した。治世は6年の短期間であったが,地税徴収のための土地測量,貨幣制度,軍隊や官僚制度の整備など,内政面においても注目すべき施策を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェール・シャー
しぇーるしゃー
Sher Shh
(1472/73―1545)

インドのデリーに都したアフガン系の王朝であるスール朝の創始者(在位1539~45)。北インドにはアフガン系の諸勢力が分散的に進出していたが、その一つのロディー人はサイイド朝を倒してロディー朝(1451~1526)をつくった。しかし、この王朝はムガル帝国によって滅ぼされた。ムガル帝国第2代フマーユーンの時代に、アフガン系のスール人にシェール・シャーが出て、強大な勢力となり、フマーユーンをペルシアに追って、デリーを占領し、スール朝を創始した(1540)が、スール朝はシェール・シャーの死後衰え、帰国したフマーユーンに敗れて滅亡した(1555)。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェール・シャーの関連キーワードバハードゥル・シャーインド・イスラム文化バイラム・ハーンシェール・シャーロータス城塞ムスリム王朝バティンダササラームアクバルライセンラクナウブクサル

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android