コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェール・シャー シェール・シャー Sher Shāh

2件 の用語解説(シェール・シャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェール・シャー
シェール・シャー
Sher Shāh

[生]1472/1473
[没]1545
インドムスリム王朝であるスール朝の創始者 (在位 1539~45) 。ロディー朝末期からムガル帝国創始期に,北インド各地に割拠していたアフガン系諸族の一つであるスール族の首長であった彼は,ビハール地方に勢力を拡大し,アフガン系諸族を統合して,1540年ムガル帝国第2代皇帝フマーユーンをカナウジに破り,スール朝を創始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェール・シャー
しぇーるしゃー
Sher Shh
(1472/73―1545)

インドのデリーに都したアフガン系の王朝であるスール朝の創始者(在位1539~45)。北インドにはアフガン系の諸勢力が分散的に進出していたが、その一つのロディー人はサイイド朝を倒してロディー朝(1451~1526)をつくった。しかし、この王朝はムガル帝国によって滅ぼされた。ムガル帝国第2代フマーユーンの時代に、アフガン系のスール人にシェール・シャーが出て、強大な勢力となり、フマーユーンをペルシアに追って、デリーを占領し、スール朝を創始した(1540)が、スール朝はシェール・シャーの死後衰え、帰国したフマーユーンに敗れて滅亡した(1555)。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェール・シャーの関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone