コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオクグ シオクグCarex scabrifolia

1件 の用語解説(シオクグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオクグ
シオクグ
Carex scabrifolia

カヤツリグサ科の多年草。日本全域を含むアジア東部の温帯から亜熱帯にかけて広く分布し,海水の出入りする河口や海浜の湿地に生えるスゲの1種。地下に長い根茎をはわせて繁殖する。茎は高さ 30~50cmになり,基部が赤みを帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のシオクグの言及

【スゲ(菅)】より

… 海岸のスゲとしては,カンスゲを一段と大きくしたようなオニヒゲスゲC.wahuensis C.A.Meyer ssp.robusta (Fr.et Sav.) T.Koyamaがハワイから日本,台湾まで分布する。また砂浜のコウボウムギやコウボウシバ,塩性湿地に生えて,その長い葉でクグ縄という縄をなうシオクグC.scabrifolia Steud.がある。 高山にもスゲは多い。…

※「シオクグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シオクグの関連情報