コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオクグ Carex scabrifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオクグ
Carex scabrifolia

カヤツリグサ科の多年草。日本全域を含むアジア東部の温帯から亜熱帯にかけて広く分布し,海水の出入りする河口や海浜の湿地に生えるスゲの1種。地下に長い根茎をはわせて繁殖する。茎は高さ 30~50cmになり,基部が赤みを帯びる。初夏に茎の頂部に数個の小穂をつけ,上部の2~4個は雄性で長く,帯赤色,下部の1~2個は雌性で短く,鉄錆色をしている。旧盆のとき,葉でくぐ縄という細長い縄をつくり仏壇の飾りつけに用いるところがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシオクグの言及

【スゲ(菅)】より

… 海岸のスゲとしては,カンスゲを一段と大きくしたようなオニヒゲスゲC.wahuensis C.A.Meyer ssp.robusta (Fr.et Sav.) T.Koyamaがハワイから日本,台湾まで分布する。また砂浜のコウボウムギやコウボウシバ,塩性湿地に生えて,その長い葉でクグ縄という縄をなうシオクグC.scabrifolia Steud.がある。 高山にもスゲは多い。…

※「シオクグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シオクグの関連キーワードカヤツリグサ科莎草・磚子苗浜莎草

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android