シオフキガイ(英語表記)Mactra veneriformis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオフキガイ
Mactra veneriformis

軟体動物門二枚貝綱バカガイ科。長 4.5cm,殻高 3.8cm,殻幅 2.6cm。殻は丸みのある三角形殻頂部がよくふくらむ。殻表には細い明瞭な成長脈があり,黄褐色の殻皮でおおわれるが,縁部は多少紫色を帯びる。内面は青白色。靭帯は殻頂の下の 鉸歯の間にある。東北地方から九州,朝鮮半島,中国の内湾潮間帯の砂泥底にすみ,潮干狩りなどでよくとれる。軟体は白色で軟らかく,むき身とし,佃煮にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シオフキガイ

バカガイ科の二枚貝。高さ4cm,長さ4.5cm,幅2.5cmほど。殻は丸みのある三角形で,帯紫白色。成貝の殻縁は少し紫が濃くなる。殻皮は灰褐色〜黄褐色,軟体の足は白い。本州〜九州,朝鮮半島,中国沿岸に分布し,内湾の潮間帯の砂泥底にすむ。刺激を受けて殻を閉じるときに潮水を出水管から吹き出すのでこの名がある。産卵期4〜7月。おもにつくだ煮などに利用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオフキガイ
しおふきがい / 潮吹貝
short surf clam
[学]Mactra veneriformis

軟体動物門二枚貝綱バカガイ科の二枚貝。東北地方以南から九州までのほか、韓国、中国沿岸に広く分布し、内湾の潮間帯の砂泥底にすみ、潮干狩の獲物になる。殻長45ミリメートル、殻高38ミリメートル、殻幅26ミリメートルに達する。殻は丸みのあるハマグリ型で、殻頂部はよく膨らむ。表面には細い成長脈を明瞭(めいりょう)に刻み、黄褐色の殻皮に覆われているが、縁は紫色を帯びる。漁獲してむき身にするが、えらに粘液で砂粒を集めているので生食には向かず、加工品にされ、干物はヒメガイなどと称されている。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android