コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクロペンタン cyclopentane

2件 の用語解説(シクロペンタンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シクロペンタン【cyclopentane】

5員環の炭化水素。常温で無色の可燃性液体。融点-93.46℃,沸点49.26℃。1,4‐ジブロモブタンとマロン酸ジエチルとをナトリウムエトキシドの存在下に反応させて得られる1,1‐シクロペンタンジカルボン酸ジエチルを,加水分解,脱炭酸してシクロペンタンカルボン酸とし,さらにこれを脱炭酸して合成する。最も安定な配座は,下図のように4個の炭素原子が同一平面上に並び,残りの1個の炭素原子がその面の外に位置した〈封筒形〉と呼ばれる配座である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シクロペンタン
しくろぺんたん
cyclopentane

シクロアルカンの一つ。ペンタメチレンともいう。無色、可燃性の液体。石油原油中に存在する。石油エーテルガソリン部分から精密分留によって入手するほか、シクロペンタジエン接触還元により合成できる。オクタン価は85と高く、ガソリンの成分として有用である。シクロパラフィンシクロアルカン)のうちシクロヘキサンとともにもっとも安定な化合物である。セルロースエーテルの溶媒として使われる。[向井利夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone