コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクロペンタン cyclopentane

世界大百科事典 第2版の解説

シクロペンタン【cyclopentane】

5員環の炭化水素。常温で無色の可燃性液体。融点-93.46℃,沸点49.26℃。1,4‐ジブロモブタンとマロン酸ジエチルとをナトリウムエトキシドの存在下に反応させて得られる1,1‐シクロペンタンジカルボン酸ジエチルを,加水分解,脱炭酸してシクロペンタンカルボン酸とし,さらにこれを脱炭酸して合成する。最も安定な配座は,下図のように4個の炭素原子が同一平面上に並び,残りの1個の炭素原子がその面の外に位置した〈封筒形〉と呼ばれる配座である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シクロペンタン
しくろぺんたん
cyclopentane

シクロアルカンの一つ。ペンタメチレンともいう。無色、可燃性の液体。石油原油中に存在する。石油エーテル、ガソリン部分から精密分留によって入手するほか、シクロペンタジエンの接触還元により合成できる。オクタン価は85と高く、ガソリンの成分として有用である。シクロパラフィンシクロアルカン)のうちシクロヘキサンとともにもっとも安定な化合物である。セルロースエーテルの溶媒として使われる。[向井利夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android