コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シコタンソウ

百科事典マイペディアの解説

シコタンソウ

ユキノシタ科の多年草。北海道,本州高山岩場はえ,アジア北東部にも分布する。葉は密生し多少多肉質披針形で先はとがり,縁には硬いとげがある。夏,高さ3〜10cmの花茎を出し,茎頂に数個の花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シコタンソウ【Saxifraga cherlerioides D.Don var.rebunshirensis (Engl.et Irmsch.) Hara】

高山の岩上に群生繁茂するユキノシタ科の多年草(イラスト)。色丹島で最初に採集されたところから和名がついた。根茎は細くはい,よく分枝し,多数の枝を地上に出して葉を密につける。葉はやや肉質で硬く,さじ状披針形で先はとがり,縁に剛毛を列生する。7~8月,3~10cmの花茎の先に2~10個の花を集散状につける。花弁は5枚,花時に斜開し,白色または淡黄色で,ふつう中央部に濃黄色の細点が,その上部に紅色の細点がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シコタンソウ
しこたんそう / 色丹草
[学]Saxifraga cherlerioides D. Don var. rebunshirensis (Engl. et Irms.) Hara

ユキノシタ科の多年草。根茎は細く横にはい、よく分枝して多数の枝を地上に出す。葉はへら形またはくさび形で、密につく。7~8月、3~13センチメートルの花茎に2~10個の花を開く。花弁は5枚、白または淡黄色で、濃黄色と紅色の細点がある。雄しべは10本。子房は上位。高山の岩上に生え、中部地方以北の本州、北海道、および千島列島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。名は、色丹島で発見されたことによる。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android