コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シスレー シスレー Sisley, Alfred

6件 の用語解説(シスレーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シスレー
シスレー
Sisley, Alfred

[生]1839.10.30. パリ
[没]1899.1.29. モレシュルロワン
フランスの画家。父母はイギリス人であるが生涯のほとんどをフランスでおくり,晩年フランスに帰化。フランス印象派の代表的画家の一人。 1862年 C.グレールの弟子となり,モネルノアール,J.バジールと知合い,生涯親交を結んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シスレー(Alfred Sisley)

[1839~1899]フランスで活躍した英国人の画家。印象派の代表者の一人で、静穏な風景画を描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シスレー

フランス印象主義の風景画家。英国人を両親としてパリに生れ,生涯の大半をフランスで送った。時にマンネリズムも認められるが,1870年代と1890年代の作品には穏健な造形感覚とさわやかな抒情性がみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シスレー【Alfred Sisley】

1839‐99
フランス印象派として活躍したイギリス人画家。印象派の中ではC.モネ,C.ピサロとともに風景画家グループをなし,1870年代の印象派の画風を最後まで変わらず持ちつづけた唯一の画家である。パリで生まれる。父は貿易商を営んでおり,彼を商売の見習にとロンドンに留学させた(1857‐61)が,シスレーがそこで学んだのは母国のJ.M.W.ターナー,R.P.ボニントン,J.コンスタブルらの風景画であった。帰国して入ったグレールM.G.C.Gleyreのアトリエで,F.J.バジール,モネ,A.ルノアールらと知りあい,風景画の戸外制作に励む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シスレー【Alfred Sisley】

1839~1899) イギリス出身のフランスの画家。パリ近郊の風景を輝く光のもとに、詩情あふれる絵を描いた。印象派の代表的画家の一人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シスレー
しすれー
Alfred Sisley
(1839―1899)

画家。イギリス国籍だが、生涯の大半をフランスで過ごし、フランス印象派の代表的な画家の一人に数えられる。パリ在住の富裕なイギリス人家庭の生まれで、父親は輸出業を営んでいた。1857年から4年間、商業を学ぶべくロンドンに送られたが、コンスタブルやターナーの絵に強い関心を抱いた。パリに戻り両親の許可を得て、62年にグレールのアトリエに入門、そこでモネ、ルノアール、バジールらと知り合う。66年のサロンに初入選。プロイセンフランス戦争後の71年に破産状態で父親が他界するや、家計の負担がシスレーの双肩にのしかかり、経済的困窮を強いられる。このころからしだいに初期のコロークールベからの影響を脱して、自然を外光のもとでとらえる明るい色調の画風を確立、モネらと印象主義運動を推進し、8回開かれた印象派展に4回出品した。79年にはサロンでの成功を企てたが不首尾に終わり、翌年からはグループから離れるようにセーヌをさかのぼって、ブヌー・ナドンやモレ・シュル・ロワンに居住し、モレに没した。彼は印象派のなかでももっとも純粋な風景画家で、微妙な光のもと、透明な大気に包まれた自然の情景を、前景から後景へと退く奥深い遠近法を用いて表現した。穏やかで詩情に富む作風は終生かわらず、本来の印象主義様式を生涯守り通したほとんど唯一の画家であった。代表作『ポールマリーの洪水』(1876)。[大森達次]
『フランソワ・ドールト著、松本芳夫訳『印象派の巨匠たち7 シスレー』(1976・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シスレーの関連キーワードクライブ後期印象派ダウランドイギリスオランダ戦争ハッサムブルネル印象派とポスト印象派コートールドジャンヌ・ダルクフランス印象派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シスレーの関連情報