シタール(英語表記)sitār

翻訳|sitar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シタール
sitār

北インドの撥弦楽器タンブーラ (→タンブール ) に似ているが,北インドの最も一般的な旋律楽器。胴と棹は木製で,共鳴ふくべをもつものもある。棹には指板がついていて,真鍮あるいは銀製可動フレットが 16~22ある。ドローンを含めた7本の演奏弦はスチールと真鍮で,旋律を演奏する。演奏弦の下にはほとんど並行して 11~12本の共鳴弦をもつ。針金の義甲を右手の人差指にはめて演奏する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シタール

北インドのリュート属撥弦楽器。ヒンドゥスターニー音楽の独奏楽器。瓢箪製の共鳴胴と太くて長い棹をもつ。棹には16〜22個の金属製フレットが,ラーガにより位置を移動できるよう,ガットか絹糸で結びつけられている。フレットの上には6〜7本の金属製の演奏弦が張られ,左手の指で弦を押さえ,右手人差し指にはめた金属製の義爪ではじく。フレットの下には11〜12本の共鳴弦が張られている。現代ではポピュラー音楽や映画音楽にも用いられる。
→関連項目サロードハリソンビーナー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シタール【sitar】

北インドの撥弦楽器(イラスト)。13世紀にデリーの宮廷に仕えた音楽家アミール・ホスローが,それまでにあった楽器を改良して作ったとされている。シタールという言葉の起源は,ペルシア語のセ・タール(seh(三) tār(弦))で三弦という意味である(セタール)。シタールの胴は普通,その中心に近い所で半分に切ったふくべでできている。棹は長さ約90cm,幅約8cmで,16~22個の金属製のフレットが,ガットあるいは絹糸で結びつけられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シタール【sitār】

北インドの撥弦はつげん楽器。弦は金属で、主弦七本のほか多数の共鳴弦がある。金属製の爪で演奏し、可動フレットはラーガ(旋法)に応じて調律する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シタール
したーる
sitar

北インドのリュート型撥弦(はつげん)楽器。全長約130センチメートル、チーク材製の長い棹(さお)と、カボチャの半割りにチーク板を張った胴体をもつ。棹は長さ約90センチメートル、幅約8センチメートルで凹型にくぼんでおり、これに弓状に湾曲したフレットを紐(ひも)で結び付ける。フレットは真鍮(しんちゅう)製で、通常20個。その位置は、演奏ラーガ(旋法)によって調節する。主要弦は7本、そのうち2本はリズム、ドローン用のチカリ弦。フレットの下には13本の共鳴弦を張る。すべて金属製。右手の親指を胴体の付け根に置き、人差し指に針金製の爪(つめ)をはめて弾奏する。シタールは14世紀ごろペルシアのセタールから考案されたといわれ、ラビ・シャンカールの演奏によって世界的に知られるようになった。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

シタール

〘名〙 (sitār) 北インドの撥弦楽器の一つ。七弦の金属弦に付された可動のフレット(線)で調律ができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

シタールの関連情報