コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッキム[州] シッキム

2件 の用語解説(シッキム[州]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シッキム[州]【シッキム】

インド北東部の州。ヒマラヤ山脈南麓,ネパールチベットブータンに囲まれ,西端にカンチェンジュンガ山がそびえる。峡谷が迫り交通は不便。谷の低地で米,トウモロコシ,キビ,ミカンを産する。
→関連項目ダージリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シッキム[州]【Sikkim】

インド北東部の,ネパール,チベット,ブータンに囲まれた州。面積約7300km2,人口41万(1991)。州都はガントク。南端部のティースタ川沿いの河谷平野を除くと,シッキムヒマラヤとよばれる山岳地帯に覆われている。山地は垂直的に,1500mまでは熱帯性・亜熱帯性森林,1500~4000mは温帯性森林で,その下方で農業が営まれ,4000mから雪線(約4800m)までは高山性草地でヤクの放牧地となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シッキム[州]の関連キーワードエベレストチベット語チベット文字ネパール語チベット高気圧ゴサインタン山インドのチベット人亡命チベット人社会ネパールと中印チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone