コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッケレ シッケレ Schickele, René

3件 の用語解説(シッケレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッケレ
シッケレ
Schickele, René

[生]1883.8.4. アルザス,オーバーエーンハイム
[没]1940.1.31. ニース近郊
ドイツの作家,平和主義者。母はフランス人シュトラスブルクミュンヘンで学び,早くから雑誌の編集に従事。最初の長編『異邦人』 Der Fremde (1909) はパリを舞台とした国際的広がりをもった小説。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シッケレ

ドイツの作家。ドイツ人を父,フランス人を母にアルザスに生まれ,両国民の相互理解と文化の交流に生涯をささげた。《ラインの遺産》などの小説,戯曲,詩がある。表現主義運動の旗手の一人として《白紙》誌などを発行。
→関連項目シュタードラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シッケレ
しっけれ
Ren Schickele
(1883―1940)

ドイツの小説家。アルザス生まれ。母はフランス人。ジャーナリストとして各地を歴訪後、第一次世界大戦中、ベルリンで平和主義的雑誌『ディ・ワイセン・ブレター』の編集に尽力(1913~20)。国粋主義のもたらす偏見に強く反対し、世界市民的平和主義を信条として、ヨーロッパの文化統一に情熱を傾注した。代表作は、郷里アルザスを舞台にした長編三部作『ライン河畔の遺産』(1931)。1932年に南フランスに移住、フランスに帰化した。軽妙な随筆も書いた。またフロベールの『ボバリー夫人』の独訳は名訳として知られている。[内藤道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シッケレの関連キーワードアルザスアルザスロレーヌアルザスの宿タルザスト岩エルザスアルザス・ロレーヌ問題アルザス・ロレーヌアルザス・ワインエルザス・ロートリンゲンアルザス風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone