コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シニャフスキー シニャフスキー Sinyavskii, Andrei Donatovich

6件 の用語解説(シニャフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シニャフスキー
シニャフスキー
Sinyavskii, Andrei Donatovich

[生]1925.10.8. モスクワ
[没]1997.2.25. パリ近郊フォントネーオーローズ
ソ連生れの作家,批評家。モスクワ大学を通信学生として卒業。モスクワ大学その他で教える一方,新進文学批評家として活躍。同時に 1959年からアブラム・テルツ Abram Tertsの筆名を用いて国外でひそかに作品を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シニャフスキー(Andrey Donatovich Sinyavskiy)

[1925~1997]ロシア(ソ連)の小説家・批評家。アブラム=テルツの筆名によりフランスで発表した「社会主義リアリズムとは何か」でソ連の文学政策を批判したほか、「裁判が始まる」などの作品を出版したことにより、懲役刑を受けた。1973年フランスに亡命し、パリ大教授となる。ペレストロイカ以降は祖国でも評価された。小説に「審問」「おやすみなさい」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シニャフスキー

ロシアの作家,批評家。モスクワ生れ。ソ連の公式的文学路線に抵抗し,国外で評論《社会主義リアリズムとは何か》(1956年),小説《審問》(1956年)などをペンネームで発表。
→関連項目チュコフスカヤ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シニャフスキー【Andrei Donatovich Sinyavskii】

1925‐97
ロシア,モスクワ生れの作家,批評家。モスクワ大学卒業後,科学アカデミー付属ゴーリキー記念世界文学研究所員となり,モスクワ大学で教鞭をとる。1951年父親が反革命容疑で逮捕され,このころから思想的にマルクス主義を離れる。国内では58年から主として現代ロシア詩に関する論文を発表,公式的文学路線に抗して1920年代の文学伝統回復に努める。同時に59年以後国外で,評論《社会主義リアリズムとは何か》(1956),中編小説《審問》(1956),《リュビーモフ》(1962‐63),アフォリズム集《思わぬ閃き》(1966)などをアブラム・テルツの筆名で発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シニャフスキー【Andrei Donatovich Sinyavskii】

1925~1997) ロシア連邦の作家・文芸批評家。アブラム=テルツの筆名で風刺的な幻想小説を国外で出版したため、懲役刑を受け、1973年フランスに亡命。代表作「社会主義リアリズムとは何か」「リュビーモフ」「おやすみなさい」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シニャフスキー
しにゃふすきー
Андрей Донатович Синявский Andrey Donatovich Sinyavskiy
(1925―1997)

ロシアの作家、批評家。モスクワ生まれ。ゴーリキーの研究で学位を得、モスクワ大学などで教鞭(きょうべん)をとり、『革命初期の詩、1917―20』(1964)を著した。この間、フランスでアブラム・テルツの変名で『社会主義リアリズムとは何か』(1956)、短編『プヘンツ』(1965?)などを発表したため、65年、友人のダニエルとともに逮捕され、翌年7年の刑を宣告され、服役した。釈放後73年にはフランスへ亡命、パリ大学講師、教授を務める。その後の作品には『合唱の中の声』(1973)、『小人ツォレス』(1980)などがある。作品は幻想芸術に依拠し、スターリニズム批判に貫かれている。ペレストロイカ以後、ソ連でも再評価され、89年に一時帰国した。97年フランスで死去。[工藤正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシニャフスキーの言及

【異論派】より

…すでに60年代はじめから自らの主張をタイプ・コピーで広めること(サミズダート),広場で朗読集会を開くこと,国外で作品を発表することは始まっていた。この面での最初の衝突は66年2月10~14日のダニエル=シニャフスキー裁判である。作家Yu.M.ダニエルとゴーリキー世界文学研究所員シニャフスキーはペンネームで国外で作品を発表したが,これが〈反ソ宣伝〉だとして刑法70条違反に問われ,自由剝奪5年および7年の判決を受けた。…

※「シニャフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シニャフスキーの関連キーワードモスクワ大学ロシア遠征モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ・ソロイスツモスクワの思い出モスクワを占領せよモスクワ・シティー・バレエ団ローゼンブラットモスクワ・ロシア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シニャフスキーの関連情報