コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シニョリーア制 シニョリーアせいSignoria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シニョリーア制
シニョリーアせい
Signoria

中世末期のイタリアで都市コムーネの全権をシニョーレ (僭主) が掌握するにいたった体制をさす。コムーネは内部の党派抗争や他のコムーネとの戦争によって次第に疲弊し,この危機を打開するために,13世紀後半から 14世紀前半にかけて権力を一個人の手に集中する傾向が生じた。このようにして有力貴族がコムーネの行政権,裁判権など全権を握ってシニョーレとなり,シニョリーア制を成立させた。ミラノのビスコンチ家,フェララのエステ家,ベロナのデッラ・スカラ家などがシニョーレの代表的な例で,シニョリーア制の成立はコムーネの事実上の解体を示しており,次の君主制 (プリンチパート) への段階に道を開くものとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シニョリーアせい【シニョリーア制】

中世末期のイタリア都市における事実上の君主制。シニョリーアsignoriaは主権を意味する。古代ギリシア都市の例を援用して〈僭主制〉と訳す場合もある。また主権を掌握した君主をシニョーレと呼ぶ。11世紀以降,北・中部イタリアの各地に成立したコムーネ(都市国家)は,13世紀に入ると党派の対立,都市相互の抗争の結果,政治的な安定を失い危機を迎えることになった。一部の都市,とくに大都市に圧迫されているロンバルディアロマーニャの中小規模の都市において,権力を一人の有力者の手に集中することによって危機を克服する試みが行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシニョリーア制の言及

【イタリア】より

…その後,支配者はホーエンシュタウフェン家,アンジュー家,アラゴン家と変わったが,北のコムーネ群,南の集権的国家というコントラストは存続した。13世紀に入ると,コムーネ相互の抗争,ポポロ,アルテに結集する商工業者層の台頭によって政治秩序が混乱し,一部の領主層の介入もあって,権力がしだいに1人の手に集中するようになった(シニョリーア制)。ミラノのビスコンティ家,ベロナのスカラ家がその先頭に立ち,ベネチアを除くほとんどすべての都市に拡大し,激しい抗争を展開した。…

【コムーネ】より

…一般の商人や職人などはほぼ完全に政治から排除されていたのである。
[シニョリーア制の登場]
 12世紀から13世紀にかけてコムーネの〈コンタード征服〉が一応達成されると,各都市は政治的・経済的支配圏の拡大をめざして相互に激しく対立した。この争いはしばしば皇帝や教皇の名の下に(ギベリンゲルフ)行われたが,実際には都市間の利害の対立に起因するものが多かった。…

※「シニョリーア制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シニョリーア制の関連キーワードフェデリコ・ダ・モンテフェルトロマチェラタビスコンチ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android