コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフト しふと

4件 の用語解説(シフトの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シフト

メモリー領域やレジスタービットの位置を移動させること。桁送り、桁移動とも呼ぶ。右に1つ移動させると元の値を1/2にしたことになり、左に1つ移動させると元の値を2倍したことになる。算術演算子などの演算子を利用するよりも高速に処理できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シフト(shift)

[名](スル)
位置を移動すること。状態や体制などを移行すること。「フレックスタイム制度にシフトさせる」「シフトキー」「シフトレバー」
野球で、特定の打者や攻撃に応じて野手の守備態勢を変化させること。またその守備態勢。
車のギアを変えること。「2速から1速へシフトする」
交替勤務制。交代勤務時間。また、勤務時間割。「アルバイトのシフトを組み直す」
桁が移動すること。「十進法では1桁左にシフトすると10倍になる」
カメラの煽(あお)りの一つで、レンズ光軸フィルム面(デジタルカメラではイメージセンサー)に対してずらすこと。横方向にずらすことをシフト、上方向をライズ、下方向をフォールといって区別する場合がある。構図や遠近感の調整に用いられる。→PCレンズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

シフト

  アオリ のなかで、レンズの光軸に対して平行移動させること。シフトはふつう左右の平行移動を指し、ビューカメラなどでは上下の平行移動はライズ、フォールとして区別している。35mm一眼レフ交換レンズのなかには シフトレンズ があるが、これはシフト機構を回転させることで、ライズ、フォールとしても使える。このため、シフトレンズの場合にはおもに建物の遠近感歪み(パースペクティブ・ディフォルメーション)を補正するのに使われる。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シフト【shift】

( 名 ) スル
位置を変えること。移動すること。
状態や体制を移行すること。切り替えること。入れ替えること。
野球で、相手の攻撃に対して野手が通常の守備位置とは異なる守備態勢をとること。 「バント--」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シフトの関連キーワードシーク巡回迂回転進伝導回転移動垂直移動水平移動竿上げフロントピール

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シフトの関連情報