コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煽り(読み)アオリ

デジタル大辞泉の解説

あおり〔あふり〕【×煽り】

あおること。また、強い風にあおられて起こる動揺や衝撃。「突風の煽りで塀が倒れた」
ある物事に強く働く勢い。また、その及ぼす影響。余勢。「ストの煽りで客足が伸びない」
そそのかしたりおだてたりして、ある行為を起こさせること。「周りの煽りに乗る」
カメラで、レンズの光軸とフィルム面(デジタルカメラではイメージセンサー)との角度を変えること。像の歪みの補正や遠近感の調整に用いられる。PCレンズという専用の特殊レンズもある。
歌舞伎劇場などで、木戸番が扇を開いて客を呼び立て招くこと。
前を走る車両に、進路を譲るよう強要するため、極端に車間距離を詰めた運転。
煽り返し」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおり【煽り】

〔「あおる(煽)」の連用形から〕
強い風に物が動くこと。 「爆風の-を食らって倒れた」
ある出来事が他に及ぼす影響。 「不況の-で倒産した」
他人をある行動を起こすように仕向けること。扇動。
カメラで、レンズの光軸と焦点面との角度を変えること。また、その装置。
割り竹にうちわをつけた古い農具。穀粒を徐々に落としつつこれであおり、選別をした。
煽り返し」に同じ。
近世、芝居小屋の前で木戸番が客を呼び込むこと。招き。
[句項目] 煽りを食う

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

煽りの関連情報