コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベリアンハスキー Siberian Husky

翻訳|Siberian Husky

デジタル大辞泉の解説

シベリアン‐ハスキー(Siberian Husky)

犬の一品種。シベリア北東部原産で、そりを引くのに使われたりした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シベリアンハスキー【Siberian Husky】

イヌの一品種。シベリア原産。体高55センチメートル 程度。毛色は白・黒・シルバーなど。頭や顔に隈取りのような模様をもつものが多い。そり引きや狩猟に使われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シベリアンハスキー
しべりあんはすきー
siberian husky

中形の北方系使役犬の一種。とがった立ち耳をしたスピッツ族に属し、シベリア北東部のコリマ川流域に住むチュクチ人がそり犬、ときには猟犬として使用していた。ハスキーの語源はほえる声がかれているところからきているといわれているが、元来使役を目的に用いてきたチュクチ人やツスキ人の名前からきているとの説もある。ハスキーは体高51~60センチメートル、体重16~27キログラムの中形犬で、使役犬らしくよく引き締まったコンパクトな体つきをしている。歩様は、軽やかでブラシ状の豊富な毛をもつ尾は、静止時には垂れているが、運動中はカーブして掲げられる。被毛は酷寒の環境に耐えるべく、綿のような密な下毛と滑らかな上毛からなるダブルコートで、毛色は白色の部分があれば、どんな色でもシベリアンハスキーとして認められている。ハスキーの目色にはブルーのものがあり、顔面の独特のマスク模様と相まって特徴的な風貌(ふうぼう)をつくり出している。ハスキーは1971年に日本で初めて登録されたが、当初の人気はそれほどでもなかった。しかしその野性的な風貌にひかれてか、1980年代のなかばぐらいから非常な人気犬種となった。[増井光子]
『愛犬の友編集部編『シベリアン・ハスキー』(1988・誠文堂新光社) ▽アメリカン・ケンネル・クラブ編『犬の辞典――AKC公認全犬種標準書』(1995・ディーエイチシー) ▽ブルース・フォーグル著、福山英也監修『犬種大図鑑』(1996・ペットライフ社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シベリアンハスキーの関連キーワード七海智哉増井光子隈取り警察犬狩猟

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シベリアンハスキーの関連情報