コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムラ会議 シムラかいぎSimla Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シムラ会議
シムラかいぎ
Simla Conference

1913~14年インドのシムラで開かれた,チベットの独立に関する中国,イギリス,チベット3者間の会議。 11年辛亥革命が勃発してチベットにあった清軍は敗退し,インド亡命中のダライ・ラマは急いでラサへ帰りチベット独立を宣言し,イギリスもこれを支持する強硬な覚え書を中華民国政府に送った。 12年夏,中国の主権の回復を目的として四川軍がチベットに進入し,このため中英間の外交交渉が始り,13年 10月からシムラで3者代表会議が開かれた。チベット代表はチベットが事実上の独立国となることを主張し,中国代表はチベットの主権を認めず,西康地区を確保しようとし,イギリスはチベット側を支持し,中国の宗主権は認めるが,チベットを完全な自治国として,中国の干渉を排除することを目標に協定を結ぼうとした。6ヵ月の討議を経て,14年4月 27日中国,イギリス,チベット3者は暫定協定 (草案) に仮署名したが,中国政府は署名の2日後に自国代表の全権委員を取消し,これに正式署名の権限を与えない旨を声明した。イギリス側は中国政府に対して,中国側が正式署名を拒絶するならばイギリスとチベットの両者代表のみで正式条約とする準備があると申入れた。7月中国とチベットの両代表はともにシムラを引揚げるにいたり,やがて第1次世界大戦が勃発し,会議は決裂のまま放置されることになった。中国政府が正式署名を拒否した理由は,暫定協定 (草案) 第1条の境界線問題に対する反対であった。のち 19年に中英両国間でシムラ会議の再開が論議されたが,結論に到達しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シムラ会議【シムラかいぎ】

(1)1913年―1914年に行われた,チベット独立に関するチベット,英国,中国の三者会議。インド北部シムラSimlaは,英領インドの夏の主都。1911年に独立を宣言していたチベットの自治とその領域については一応解決したが,最終的に中国が調印しなかったため,チベットの地位は不安定なものとなった(チベット問題)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シムラかいぎ【シムラ会議】

チベットの独立に関して,チベット,イギリス,中国の3国間で行われた会議。清朝末期チベットは清朝の強硬政策により動揺していたが,1911年の辛亥革命を契機として独立を宣言した。このようにして発生したチベット問題解決のため,チベット,イギリス,中国(袁世凱政権)の代表は,インドのシムラにおいて,1913年11月~14年5月にわたり会談した。会議では,チベットの中国宗主権下での自治およびその領域等について一応の合意ができたものの,結局中国は離脱しチベットとイギリスのみで調印した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シムラ会議の関連キーワードインド・パキスタン戦争トゥプテンギャンッオマクマホン・ラインマクマホン・ライン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android