コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモツケソウ

3件 の用語解説(シモツケソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シモツケソウ

関東〜九州の山地にはえるバラ科の多年草。根出葉は長い柄のある奇数羽状複葉で鋸歯(きょし)があり,頂の小葉は掌状で大型,その下に大小不同の数対の柄のない小葉をつける。
→関連項目キョウガノコ(京鹿子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シモツケソウ【Filipendula multijuga Maxim.】

山地に生える花の美しいバラ科の多年草(イラスト)。茎は高さ50cm以上になり,10cm内外の掌状の頂小葉をもつ羽状複葉をつけ,茎のもとには根出葉がある。6月から8月の間に,淡紅色まれに白色の小さな花を多数つける。花弁は5枚で円形,おしべは多数。花が終わると小さな袋果ができる。本州から九州まで分布し,北海道には変種のエゾノシモツケソウvar.yezoensis Haraがある。また,北海道と本州には,白い花の咲く大型のオニシモツケF.kamtschatica Maxim.があり,よく群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモツケソウ
しもつけそう / 下野草
[学]Filipendula multijuga Maxim.

バラ科の多年草。クサシモツケともいう。高さは0.6~1メートルで、まばらに分枝する。頂葉は大きな掌状に5~7裂した羽状複葉となる。7~8月、茎頂に集散花序をつくり、4~5ミリメートルの紅色花を密につける。花弁は4~5枚、卵円形、萼(がく)は4~5枚で反り返る。本州の中南部、九州の山地に生育する。名は、花が同じバラ科の落葉低木のシモツケに似た草の意味である。
 同属に、オニシモツケ(鬼下野)、キョウガノコ(京鹿子)、セイヨウナツユキソウ(西洋夏雪草)などがある。オニシモツケF. kamtschatica Maxim.は、茎は高さ1~2メートル、7~8月、白色の小花を集散花序に密生する。シモツケソウの仲間ではいちばん大形で、茎、葉に毛があり、痩果(そうか)は剛毛を密生する。北海道、樺太(からふと)(サハリン)、千島、カムチャツカに分布する。キョウガノコF. purpurea Maxim.は、茎は高さ0.6~1.5メートル、直立して紫紅色を帯び、無毛。葉は掌状で5~7裂し、長い柄をもつ。6~7月、集散花序に紅紫色の小花を密生する。日本原産種とされるが、現在、自生はみられない。名は、花序を京染めの鹿の子(かのこ)絞りに見立てたもの。セイヨウナツユキソウF. ulmaria Maxim.は、西アジア、モンゴルおよびヨーロッパの原産種で、茎は高さ1~2メートル、葉は掌状で浅く3~5裂し、長さ5~10センチメートル。7~8月、集散花序に白色の小花を多数つける。セイヨウナツユキソウの一種で、花期が6~7月で葉に黄の斑(ふ)の入るフイリセイヨウナツユキソウもある。いずれの種類も適湿の肥沃(ひよく)地がよく、また半日陰程度でもよく育つ。キョウガノコはやや寒さに弱いので、寒地では防寒したほうがよい。[魚躬詔一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シモツケソウの関連情報