コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャカ シャカShaka

3件 の用語解説(シャカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャカ
シャカ
Shaka

[生]1787頃.
[没]1828.9.22.
ズールー族の首長(在位 1816~28)。南アフリカズールー王国を打ち立てた。強力な軍隊を組織して近隣部族の統合に着手し,南アフリカ全域を荒廃させたことで知られる。ズールー族の首長センザンガコナと,近隣に住むランゲニ族の元族長の娘ナンディの間に生まれたが,母とともに追放され,ムテトワ族のもとで暮らした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャカ【Shaka】

1787ころ‐1828
19世紀初頭,南アフリカ東海岸部に興ったズールー王国の王。ズールー族の王センザンガコナの息子として生まれたが,母の追放とともに故郷を離れ,ムセスワ族の王ディンギスワヨの下で育った。この間戦士としての軍事訓練を受けて頭角を現し,1816年軍司令官となった。同年センザンガコナが死去すると,ディンギスワヨの援助を得て王の後継者を殺し,ズールー族の王位に就いた。彼はズールー族の軍事組織を改め,従来の長槍(投槍)に代えて手に持ったまま闘う短槍を採用し,強力な軍事王国をつくり上げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シャカ【Shaka】

1787頃~1828) 南アフリカのズール王国の王。軍事組織・武器を改革し、周辺諸部族を統一して、強大な王国を形成したが、暗殺された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

シャカの関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象シャカシャカエレキテル甲源一刀流

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャカの関連情報