コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャカ Shaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャカ
Shaka

[生]1787頃.
[没]1828.9.22.
ズールー族の首長(在位 1816~28)。南アフリカズールー王国を打ち立てた。強力な軍隊を組織して近隣部族の統合に着手し,南アフリカ全域を荒廃させたことで知られる。ズールー族の首長センザンガコナと,近隣に住むランゲニ族の元族長の娘ナンディの間に生まれたが,母とともに追放され,ムテトワ族のもとで暮らした。23歳のとき,ムテトワ帝国の皇帝ディンギスワヨにより戦士に加えられ,軍人としての才能を発揮。1816年に父センザンガコナが世を去ると,ディンギスワヨはシャカをズールー国王の座につけた。シャカは軍を改革し,まず武装を従来の投げ槍から鋭い穂先のついた短い槍に変えて,近距離で戦闘する方式をとった。次いで年齢集団別の部隊編制を導入した。シャカは敵を殲滅するまで戦い,生き残った部族民を自軍に加えた。1823年には,ズールー王国南方は焼け落ちた集落が連なる荒れ野と化し,生き延びた者は恐れをなして遠くケープ植民地まで離散した。シャカの侵略は,1820年代初めに内陸高原部で起こった争乱「ムフェカネ」の間接的な原因となった。ズールー族から逃れ定住地を求める諸部族が死闘を繰り広げた結果,内陸の部族社会は破壊され,200万人が命を落とした。これにより 1830年代のボーア人によるグレート・トレックを抑えられる者がいなくなり,結果的に白人勢力の拡大につながった。1827年に母ナンディが亡くなると,シャカは精神に異常をきたし,1828年9月,2人の異母弟によって殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャカ【Shaka】

1787ころ‐1828
19世紀初頭,南アフリカ東海岸部に興ったズールー王国の王。ズールー族の王センザンガコナの息子として生まれたが,母の追放とともに故郷を離れ,ムセスワ族の王ディンギスワヨの下で育った。この間戦士としての軍事訓練を受けて頭角を現し,1816年軍司令官となった。同年センザンガコナが死去すると,ディンギスワヨの援助を得て王の後継者を殺し,ズールー族の王位に就いた。彼はズールー族の軍事組織を改め,従来の長槍(投槍)に代えて手に持ったまま闘う短槍を採用し,強力な軍事王国をつくり上げた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シャカ【Shaka】

1787頃~1828) 南アフリカのズール王国の王。軍事組織・武器を改革し、周辺諸部族を統一して、強大な王国を形成したが、暗殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シャカの関連キーワードハワイウォーターズアドベンチャーパークガウタミープトラ・シャータカルニチャンドラグプタ(2世)クワズールー・ナタール州シャカ(ズールー人の王)チャンドラグプタ[2世]センボンシメジズールーランドカピラバストゥタカベ(鰖)クシャトラパボプタツワナビザガパタムビクラマ紀元クワドゥクザソト(民族)ンデベレ族ロベングラバスト王国インドの暦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャカの関連情報