コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャモア シャモア Rupicapra rupicapra; chamois

4件 の用語解説(シャモアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャモア
シャモア
Rupicapra rupicapra; chamois

偶蹄目ウシ科。アルプスカモシカともいう。体長 1m内外,体高 80cmほど。頭の後方に鉤状に曲った 20cmぐらいの角を雌雄ともにもつ。岩登りやジャンプが巧みで,夏季には標高 4000m近くの高山にまで行動圏を広げる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャモア(〈フランス〉chamois)

ウシ科の哺乳類ニホンカモシカに近縁で、体形はヤギに似る。夏毛は黄褐色、冬毛は黒褐色ヨーロッパ中南部から小アジアにかけての山岳地帯の岩場で生活。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャモア【chamois】

ヤギに似た高山生動物で,偶蹄目ウシ科に属する。ヨーロッパ中・南部,小アジアカフカスの山岳地帯に分布。体長90~130cm,尾長3~4cm,体高76~81cm,体重24~50kg。角は雌雄にあり,先端は鋭く,後方に曲がる。眼下腺はないが,角の後ろに独特の腺がある。夏毛は短く橙褐色,冬毛は長く黒褐色で,顔の両側と背の正中線に黒色の縞がある。ひづめは硬く岩登りに適し,四肢の下部も強靱なばねをもち,岩地での跳躍を可能にしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャモア
しゃもあ
chamois
[学]Rupicapra rupicapra

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。ヨーロッパのピレネー、アルプス、アペニンの各山脈およびトルコ、カフカスの山地に分布する。日本のカモシカやヒマラヤのシーローに近縁である。体形はヤギに似て体長90~130センチメートル、肩高70~85センチメートル、角(つの)は雌雄ともにあり15~20センチメートルほど、黒色で鉤(かぎ)状に後方へ曲がる。スイスでは登山用ステッキの握りにこの角を用いる。眼下腺(せん)はないが、角の後方に分泌腺があり繁殖期に膨れる。被毛は夏季に長さ4センチメートル、冬季には10~20センチメートルになり気候に順応する。体色も夏は黄褐色、冬は保護色の黒褐色となる。山岳地帯の岩場の生活に適応し、動作はすばやい。15~30頭ぐらいの集団で生活する。冬は餌(えさ)を求めて森林地帯にすむが、夏は4000メートル以上の高所に登る。食物は草、樹葉、若枝などである。交尾期は秋で、翌年の5~6月ごろ1産1~2子を産む。妊娠期間約6か月。別名をスイスレイヨウ、スイスカモシカ、アルプスカモシカなどという。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャモアの関連キーワードウシ後生動物タール山羊ヒツジ(羊)ヤギ(山羊)ヤギュウ(野牛)シロイワヤギ(白岩山羊)バーバリーシープバーラル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャモアの関連情報