コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャモア Rupicapra rupicapra; chamois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャモア
Rupicapra rupicapra; chamois

偶蹄目ウシ科。アルプスカモシカともいう。体長 1m内外,体高 80cmほど。頭の後方に鉤状に曲った 20cmぐらいの角を雌雄ともにもつ。岩登りジャンプが巧みで,夏季には標高 4000m近くの高山にまで行動圏を広げる。皮はなめしてレンズふきなどに用いられる。ピレネー,アルプス,アペニン各山脈の森林地帯に分布し,20頭ぐらいの小集団で生活している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャモア【chamois】

ヤギに似た高山生動物で,偶蹄目ウシ科に属する。ヨーロッパ中・南部,小アジア,カフカスの山岳地帯に分布。体長90~130cm,尾長3~4cm,体高76~81cm,体重24~50kg。角は雌雄にあり,先端は鋭く,後方に曲がる。眼下腺はないが,角の後ろに独特の腺がある。夏毛は短く橙褐色,冬毛は長く黒褐色で,顔の両側と背の正中線に黒色の縞がある。ひづめは硬く岩登りに適し,四肢の下部も強靱なばねをもち,岩地での跳躍を可能にしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャモア
しゃもあ
chamois
[学]Rupicapra rupicapra

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。ヨーロッパのピレネー、アルプス、アペニンの各山脈およびトルコ、カフカスの山地に分布する。日本のカモシカやヒマラヤのシーローに近縁である。体形はヤギに似て体長90~130センチメートル、肩高70~85センチメートル、角(つの)は雌雄ともにあり15~20センチメートルほど、黒色で鉤(かぎ)状に後方へ曲がる。スイスでは登山用ステッキの握りにこの角を用いる。眼下腺(せん)はないが、角の後方に分泌腺があり繁殖期に膨れる。被毛は夏季に長さ4センチメートル、冬季には10~20センチメートルになり気候に順応する。体色も夏は黄褐色、冬は保護色の黒褐色となる。山岳地帯の岩場の生活に適応し、動作はすばやい。15~30頭ぐらいの集団で生活する。冬は餌(えさ)を求めて森林地帯にすむが、夏は4000メートル以上の高所に登る。食物は草、樹葉、若枝などである。交尾期は秋で、翌年の5~6月ごろ1産1~2子を産む。妊娠期間約6か月。別名をスイスレイヨウ、スイスカモシカ、アルプスカモシカなどという。[北原正宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャモアの関連キーワードシロイワヤギ(白岩山羊)シェーンブルン動物園ドゥルミトル国立公園世界のおもな動物園リュック ジャケニュージーランドヒツジ(羊)ゴンクール賞クレオールシャモワカモシカ氈鹿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android