コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルルロア シャルルロア Charleroi

4件 の用語解説(シャルルロアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルルロア
シャルルロア
Charleroi

ベルギー南西部,エノー州工業都市ブリュッセル南方約 50km,サンブル川北岸に位置する。 18世紀には炭鉱を中心とした都市で,19世紀には,サンブル川の運河化,鉄道,道路の整備により,一大工業地帯の中心に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャルルロア(Charleroi)

ベルギー南西部の工業都市。重化学工業が盛ん。シャールロア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャルルロア【Charleroi】

ベルギー南部エノー州の工業都市。人口2万1900(1981)。サンブルSambre川(ムーズ川支流)に沿う。ブリュッセルやアントワープと運河,鉄道,高速自動車道により結ばれ,〈ABC枢軸〉と呼ばれる。起源は比較的新しく,1667年にスペインネーデルラント総督カステル・ロドリゴ侯がここに要塞を築いて,国王カルロス(シャルル)2世にちなんでシャルルロアと命名したのに始まる。その後,一帯は石炭と農村における鉄加工業によって繁栄し,1820年代からは,石炭・鉄鉱石の資源を基礎に,製鉄,機械工業石炭化学を中心に近代工業の急速な発展をみ,リエージュと並ぶ同国の重要な工業都市に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルルロア
しゃるるろあ
Charleroi

ベルギー西部、エノー州東部の工業都市。人口20万0578(2002)。首都ブリュッセルの南約50キロメートル、サンブル川左岸に位置し、かつて重要な炭田地域の中心地で鉄鋼をはじめ、電気機械航空機製造、ガラス化学肥料セメントなどの工業が発達していた。しかし1960年代後半からの石炭業の不振に伴う斜陽化が著しい。町の起源は、スペイン王カルロス(フランス語名シャルル)2世にちなみ命名された1666年建設の要塞(ようさい)である。第一次世界大戦の激戦地。[川上多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャルルロアの関連キーワードウッジエンスヘーデ熱エネルギーヘントモンスДонецькБарнаулトゥールネバンシュベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone