コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーマン号事件 シャーマンごうじけんSyǒǒmǒn-ho sakǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーマン号事件
シャーマンごうじけん
Syǒǒmǒn-ho sakǒn

高宗3 (1866) 年9月 20日,朝鮮平壌付近の羊角島で,アメリカ商船『ジェネラル・シャーマン』号が朝鮮の農民に焼打ちされた事件。『シャーマン』号はヨーロッパの雑貨を積んで,平壌で貿易を開くため,また平壌に散在する墳墓から宝貨を盗掘する内意もあって,大同江を上った。朝鮮側は退去を求めたが,強引に開港を迫り,軍使船荷を拉致 (らち) した。しかし,江水の減水により座礁中,民衆に放火されて,全乗組員が焼死,溺死した。この事件でアメリカ政府は,翌年1月以降,アジア艦隊に交渉させること数度に及んだが黙殺され,同8年,江華島に軍艦3隻で出兵し,交戦した (辛未洋擾 ) が,ついに撃退され,開港交渉は失敗に終った。朝鮮王朝 (李朝) 側では,この事件によって一層鎖国政策を強化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シャーマン号事件【シャーマンごうじけん】

李朝末期の1866年9月,朝鮮の大同江を遡上して平壌付近の羊角島で交易を求めた米商船ゼネラル・シャーマン号を朝鮮側が焼き払い,乗組員を惨殺した事件。同年3月の漢江近辺でのフランス艦隊襲撃事件と合わせて丙寅洋擾(へいいんようじょう)という。
→関連項目大院君李朝(朝鮮)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のシャーマン号事件の言及

【洋擾】より

…いずれも大院君政権(1863‐73)の鎖国攘夷政策(衛正斥邪)の下で起きた。丙寅洋擾は1866年(丙寅の年)の二つの事件,ゼネラル・シャーマン号事件とフランス艦隊襲撃事件の総称である。前者は,同年9月にアメリカの武装商船のシャーマン号が交易を求めて大同江を溯上し,交戦の末,平壌付近で焼き沈められ,乗組員全員が死亡した事件である。…

※「シャーマン号事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャーマン号事件の関連キーワード辛未洋擾朴珪寿高宗

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android