コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーマン号事件 シャーマンごうじけん Syǒǒmǒn-ho sakǒn

2件 の用語解説(シャーマン号事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーマン号事件
シャーマンごうじけん
Syǒǒmǒn-ho sakǒn

高宗3 (1866) 年9月 20日,朝鮮,平壌付近の羊角島で,アメリカ商船『ジェネラル・シャーマン』号が朝鮮の農民に焼打ちされた事件。『シャーマン』号はヨーロッパの雑貨を積んで,平壌で貿易を開くため,また平壌に散在する墳墓から宝貨を盗掘する内意もあって,大同江を上った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャーマン号事件【シャーマンごうじけん】

李朝末期の1866年9月,朝鮮の大同江を遡上して平壌付近の羊角島で交易を求めた米商船ゼネラル・シャーマン号を朝鮮側が焼き払い,乗組員を惨殺した事件。同年3月の漢江近辺でのフランス艦隊襲撃事件と合わせて丙寅洋擾(へいいんようじょう)という。
→関連項目大院君李朝(朝鮮)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のシャーマン号事件の言及

【洋擾】より

…いずれも大院君政権(1863‐73)の鎖国攘夷政策(衛正斥邪)の下で起きた。丙寅洋擾は1866年(丙寅の年)の二つの事件,ゼネラル・シャーマン号事件とフランス艦隊襲撃事件の総称である。前者は,同年9月にアメリカの武装商船のシャーマン号が交易を求めて大同江を溯上し,交戦の末,平壌付近で焼き沈められ,乗組員全員が死亡した事件である。…

※「シャーマン号事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャーマン号事件の関連キーワード先負朝日議定皇族ドゥーマ国民の祝日五度の祝儀二百メートル走残留孤児・婦人訴訟判決松井茂