コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーマン号事件 シャーマンごうじけんSyǒǒmǒn-ho sakǒn

2件 の用語解説(シャーマン号事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーマン号事件
シャーマンごうじけん
Syǒǒmǒn-ho sakǒn

高宗3 (1866) 年9月 20日,朝鮮,平壌付近の羊角島で,アメリカ商船『ジェネラル・シャーマン』号が朝鮮の農民に焼打ちされた事件。『シャーマン』号はヨーロッパの雑貨を積んで,平壌で貿易を開くため,また平壌に散在する墳墓から宝貨を盗掘する内意もあって,大同江を上った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シャーマン号事件【シャーマンごうじけん】

李朝末期の1866年9月,朝鮮の大同江を遡上して平壌付近の羊角島で交易を求めた米商船ゼネラル・シャーマン号を朝鮮側が焼き払い,乗組員を惨殺した事件。同年3月の漢江近辺でのフランス艦隊襲撃事件と合わせて丙寅洋擾(へいいんようじょう)という。
→関連項目大院君李朝(朝鮮)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のシャーマン号事件の言及

【洋擾】より

…いずれも大院君政権(1863‐73)の鎖国攘夷政策(衛正斥邪)の下で起きた。丙寅洋擾は1866年(丙寅の年)の二つの事件,ゼネラル・シャーマン号事件とフランス艦隊襲撃事件の総称である。前者は,同年9月にアメリカの武装商船のシャーマン号が交易を求めて大同江を溯上し,交戦の末,平壌付近で焼き沈められ,乗組員全員が死亡した事件である。…

※「シャーマン号事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャーマン号事件の関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone