コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーン シャーン Shahn, Ben(jamin)

6件 の用語解説(シャーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーン
シャーン
Shahn, Ben(jamin)

[生]1898.9.12. リトアニア
[没]1969.3.14. ニューヨーク
アメリカの画家,グラフィックデザイナー。両親はユダヤ人で,父は大工,木彫家。 1906年家族とともにアメリカに移住。 13年から石版工の徒弟となり,カリグラフィー (書) に対し強い関心をもった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャーン(Ben Sharn)

[1898~1969]米国の画家。リトアニア生まれ。哀愁を帯びた画風が特徴で、批判的精神をもち、社会問題を好んで取り上げた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャーン

米国の画家。リトアニアのコブノ(カウナス)生れ。1906年米国に移住,ニューヨークのブルックリンの貧民街で育ち,石版画家の徒弟となる。1930年代初頭,サッコ=バンゼッティ事件をとりあげた連作でD.リベラに認められ,ロックフェラーセンターの壁画制作に協力した。
→関連項目早川良雄福島県立美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャーン【Ben Shahn】

1898‐1969
アメリカの画家。リトアニアのユダヤ系の家庭に生まれ,1906年一家で渡米した。25年と27年にヨーロッパ北アフリカを旅行。30年代初頭,《サッコ=バンゼッティ事件》《労働運動家ムーニーの投獄》などの連作で注目され,〈社会的情景(ソーシャルシーン)派〉の代表画家となる。ニューディール政策によるWPAでは,写真家W.エバンズの助手として貧困,抑圧,差別に苦しむ民衆生活に触れ,その体験に基づきブロンクス郵便局(1938‐39)などの壁画を制作する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シャーン【Ben Shahn】

1898~1969) アメリカの画家・デザイナー。リトアニア生まれ。社会問題を題材にした作品を発表、批判と風刺に富み哀愁を帯びた画調で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーン
しゃーん
Ben Shahn
(1898―1969)

20世紀アメリカが生んだ典型的な社会派画家。絵画とレタリング組み合わせた新しいイメージをつくった。リトアニアのコブノに生まれ、1906年ニューヨークに移住。13年からリトグラフの徒弟修業についたほか、ニューヨーク大学などで学ぶ。32年、サッコ‐バンゼッティ事件とトム・ムーニー事件を扱った連作を発表して一躍注目される。30年代から40年代にかけて、画家、デザイナー、写真家として活動し、壁画、ポスターなどを制作。第二次世界大戦後も精力的な制作が続き、国際展、個展などの発表が多くなり、そのかたわらハーバード大学などで連続講演を行っている。60年(昭和35)には来日して第五福竜丸事件による連作を描いたことは知られている。彼の業績は大別して二つあり、一つは社会意識を絵画的造形に引き付けた方法論を開発したことであり、もう一つは文字を絵画表現の有力な手段として駆使したことにある。61年ニューヨーク近代美術館で回顧展を開いたほか、没後も各地で作品展が開催されている。[桑原住雄]
『ベン・シャーン著、佐藤明訳『ある絵の伝記』(1960・美術出版社) ▽バーナーダ・シャーン著、桑原住雄訳『ベン・シャーン画集』(1982・リブロポート)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシャーンの言及

【アメリカン・シーン・ペインティング】より

…さまざまの傾向をふくむが,大きく分けるとキュビスムの影響をうけた半抽象的な系列と写実的な系列の二つがある。前者の舞台になったのは主としてニューヨークで,ブルックリン橋や高層建築をモティーフとして,近代文明を謳歌するステラJoseph Stella,シーラーCharles Sheeler,大都市のバイタリティを抽出したデービスがおり,後者には都会の底辺の日常の光景をとらえたマーシュReginald Marsh,孤独と疎外を描いたホッパー,ソーシャル・リアリズムsocial realismの立場を貫いたシャーンがいる。また,中西部の広大な農村風景を描きつづけたベントン,ウッドGrant Wood(1892‐1942),カリーJohn Steuart Curry(1897‐1946)などの提唱したリージョナリズムRegionalism(地方主義)も写実的な系列を代表する。…

※「シャーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャーンの関連キーワードアメリカの声アメリカの夢アメリカの影アメリカの友人アメリカン・ゴシックグレート・アメリカン・ヌードリビアのユダヤ人チュルニョーニスシッフ在リトアニア・ポーランド・ロシア・ユダヤ人労働者総同盟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャーンの関連情報