コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウィンガー Schwinger, Julian Seymour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウィンガー
Schwinger, Julian Seymour

[生]1918.2.12. ニューヨーク
[没]1994.7.16. ロサンゼルス
アメリカの理論物理学者。 14歳でニューヨーク市立大学に入り,21歳でコロンビア大学から学位取得。カリフォルニア大学の J.R.オッペンハイマーのもとで研究 (1939~41) 。マサチューセッツ工科大学を経て,ハーバード大学教授 (47) 。初め核力の研究を行なったのち量子電気力学の研究に移り,P.ディラックの相対論的波動方程式を基礎に,1947年くりこみ理論朝永振一郎とは独立に完成させた (→超多時間理論 ) 。 65年ノーベル物理学賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュウィンガー
しゅうぃんがー
Julian Seymour Schwinger
(1918―1994)

アメリカの理論物理学者。ニューヨーク市生まれ。すでに16歳のとき、最初の論文を量子電磁力学についてまとめた。コロンビア大学に進学、物理と数学のみを勉強したので退学させられそうになり、核の磁気モーメントの測定で知られたラービ教授の口利きで卒業した。1939年、すでに2、3年前に書かれていた論文を基に理学博士となり、その後、カリフォルニア大学で研究し、オッペンハイマーの助手になる。第二次世界大戦中はパーデュー大学講師。その後、マサチューセッツ工科大学でレーダー、核物理などを研究。第二次世界大戦後ハーバード大学、カリフォルニア大学の教授を歴任した。戦後数年間に行った相対論的場の量子論の定式化に関する研究により、朝永振一郎(ともながしんいちろう)、ファインマンとともに1965年ノーベル物理学賞を受けた。ほかにいくつかの賞も受け、アメリカ国立科学アカデミーの会員であった。1980年(昭和55)来日し、朝永と自身の学問上の軌跡にみられる多くの交わりを述べた「物理学を揺るがした2人の“振”」と題する朝永追悼講演を行った。[藤井寛治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュウィンガーの関連キーワードラム(Willis Eugene Lamb Jr.)リチャード・フィリップ ファインマンリップマン‐シュウィンガー方程式ワインバーグ‐サラムの理論フリーマン・J. ダイソンニューヨーク市立大学原子スペクトル量子波動方程式自己エネルギーモッテルソン2月12日グラショー光の科学史時間反転原子線素粒子原子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android