コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトゥンプ シュトゥンプ Stumpf, Carl

5件 の用語解説(シュトゥンプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトゥンプ
シュトゥンプ
Stumpf, Carl

[生]1848.4.21. ウィーゼンタイト
[没]1936.12.25. ベルリン
ドイツの心理学者,哲学者,音楽学者,音声学者。ウュルツブルクプラハ,ハレ,ミュンヘン,ベルリン各大学教授。 F.ブレンターノ,R.H.ロッツェの影響を受け,実験現象学的立場を取り,ゲシュタルト心理学の展開に影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュトゥンプ
シュトゥンプ
Stumpf, Johannes

[生]1500.4.23. ブルフザール
[没]1578頃.チューリヒ
スイス年代記作者,神学者。ツウィングリの友人としてスイスの宗教改革運動で重要な役割を果した。 18世紀まで標準的なものとされた『スイス年代記』 Gemeiner loblicher Eydgnoschafft Stetten,Landen und Völckeren chronikwirdiger Thaaten Beschreybung (1547~48) で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュトゥンプ

ドイツの心理学者,哲学者。ビュルツブルク,プラハ,ミュンヘン,ベルリンなどの大学教授を歴任。F.ブレンターノらの影響を受け,知覚という機能と知覚される内容を区別し,前者を心理学の,後者を現象学の対象とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュトゥンプ【Carl Stumpf】

1848‐1936
ドイツの心理学者,哲学者。1873年心理学に関するその最初の論文《空間表象の心理学的起源》によってビュルツブルク大学教授となり,94年以降ベルリン大学教授。F.ブレンターノの作用心理学の影響をつよく受け,ドイツの機能心理学Funktionspsychologieの創始者とされる。彼は知覚という機能と知覚される内容とを区別し,心理学は精神の機能に関する研究を本分とすべきであり,内容に関する研究は現象学に属するとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトゥンプ
しゅとぅんぷ
Carl Stumpf
(1848―1936)

ドイツの心理学者。ウュルツブルク近くに生まれ、幼時から音楽を愛した。ウュルツブルク大学を卒業。ドイツの哲学者で心理学者のブレンターノや同じく哲学者のロッツェの影響を受け、W・ブントのような心的内容を研究する心理学に反対して、感覚する・表象する・判断するなどの心的作用を研究する機能心理学を主張した。感覚や表象などの意識現象は現象学の研究対象であり、それを土台にして物理学や心理学が成立するという考え方である。彼自身の研究は音響心理学、音楽文化人類学に関するものが多いが、なかには心的現象に関するものもある。1894年から1921年までベルリン大学におり、心理学研究室をつくるとともに、ウェルトハイマーコフカ、W・ケーラー、K・レビンらのゲシュタルト心理学者を育てた。[宇津木保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュトゥンプの言及

【ヘテロフォニー】より

… ヘテロフォニーという術語の起源は古代ギリシアにさかのぼり,プラトンが《法律》の第7巻で用いている。ただしプラトンが具体的にどのような音現象を指したのかは定かでないが,字義通り〈異音性〉と解し,2声部ないしそれ以上の多声部による(偶発的)同時変奏の意にこれを用いたのはドイツの学者シュトゥンプである。 ヨーロッパでも中世の教会音楽や世俗音楽にヘテロフォニーの要素が認められ(図1),また近代音楽の中でも主旋律とそのメリスマ的変奏が同時に奏されてヘテロフォニーを形成する例も散見する(図2)。…

※「シュトゥンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュトゥンプの関連キーワードザールダブルフォールト悪ふざけ悪巫山戯シェフザーデジャーミーシェフザーデモスクバルタザール・ノイマン・アンサンブルマザーオブパール・ブルーレザール・フロリサンオフ・ザ・シェルフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュトゥンプの関連情報