コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュパン シュパン Spann, Othmar

3件 の用語解説(シュパンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュパン
シュパン
Spann, Othmar

[生]1878.10.1. ウィーン
[没]1950.7.8. ノイシュティフト
オーストリアの社会学者,経済学者,哲学者。ウィーン,チューリヒテュービンゲンの各大学に学び,1909年ブリュン工業大学教授,19年以降ウィーン大学教授として社会学,経済学を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュパン【Othmar Spann】

1878‐1950
オーストリアの社会学者,経済学者,哲学者。1919年から38年までウィーン大学教授。ドイツロマン主義の影響の下,全体性を強調する普遍主義を唱え,自由主義個人主義的社会観を批判する一方,マルクス主義とも鋭く対立した。経済学,社会学の諸業績と並ぶ《真正国家論Der wahre Staat》(1921)では,身分制国家論を説き,保守主義ファシズム,とくに後のドルフスの国家体制に大きな影響を及ぼしたとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュパン
しゅぱん
Othmar Spann
(1878―1950)

オーストリアの社会学者、経済学者。ウィーン、チューリヒ、チュービンゲン各大学に学ぶ。1919年から1938年までウィーン大学の教授であったが、第二次世界大戦後ふたたび教職に戻ることはなかった。ドイツ・ロマン主義の社会観を受け継いだため、普遍主義的社会論を展開した。したがって、個人はあくまで普遍的全体としての共同体の部分であり、全体は部分よりなる有機的構成であるとする。この有機的構成体を支えているのは、理念的統一体たる国家の権力であると説くが、具体的には中央集権的官僚統治を廃して身分的共同体をもって国家の再編を行うという、いわゆる「職分国家」を提唱した。当初、経済学関係の著書もあり、経済学者と目された。『社会哲学』(1928)などの著書がある。[鈴木幸寿]
『秋沢修二訳『社会哲学』(1943・白揚社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュパンの関連キーワードゲーレンノイラートバーガーミーゼスオーストリア併合哲学者ルーマングンプロビッチ加田哲二ゴットル・オトリリエンフェルト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュパンの関連情報