コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュークリーム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュークリーム

菓子一種フランス語シュー・ア・ラ・クレーム chou à la crèmeがなまってシュークリームとなった。小麦粉バター卵黄でつくったキャベツ (シュー) 形をした皮の中に,カスタードクリームや,生クリームを入れてつくる。同じ材料で細長い形に焼いたものにチョコレートを掛けるとエクレアになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シュー‐クリーム

《〈フランス〉chou à la crèmeから。シューはキャベツの意で、形が似ているところからいう》小麦粉・卵・バターなどをまぜて焼いた軽い皮を作り、中にクリームを詰めた洋菓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シュークリーム

クリームパフとも。バター,小麦粉,卵黄をこね球形に焼いた皮の中にクリームを詰めたもの。形がキャベツ(フランス語でシューchou)に似るのでこの名がある。棒状に焼いたものをエクレアと称する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

シュークリーム

フランス語のシュー・ア・ラ・クレームを縮めたもの。英語国でシュークリームというと靴墨(shoe cream)と間違われる。英語でいうなら、cream puff(クリームパフ)。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

シュークリーム

洋菓子の一種。小麦粉・バター・卵・砂糖・塩・水(または牛乳)などを混ぜて作った生地を、中が空洞の球形になるようにオーブンで焼き、中にカスタードクリーム・ホイップクリームなどを詰めたもの。◇「シュー・ア・ラ・クレーム(chou à la crème<フランス>)」から。「シュー」は「キャベツ」の意。形がキャベツに似ているためこの名があるとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュークリーム

洋菓子の一種。フランス語のシュー・ア・ラ・クレームchou à la crèmeからの転訛。英米ではクリームパフcream puffと呼ぶ。小麦粉,バター,卵などを合わせたシュー生地を焼くと,まるくふくれる。その形がキャベツ(フランス語でシューchou)に似ているのでこの名がある。焼き上がった皮を切り,あるいは側面に穴をあけて,中の空洞にクリーム類を詰める。変形のものとしては,細長く焼いてクリーム類を詰め,表面にチョコレートをかけたエクレアéclair,白鳥や花かご形に仕上げたもの,一口大のプチシュー,プチシューをパイの周囲に王冠状に飾ったサントノーレsaint‐honoré,たくさんのシュークリームをピラミッド形に積み上げたクロカンブッシュcroquemboucheなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シュークリーム

小麦粉を卵で練り、オーブンで焼いて内側を空洞にした皮の中に、クリームを詰めた洋菓子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュークリーム
しゅーくりーむ
cream puff英語
choux la crmeフランス語

キャベツの形をした皮の中にクリームを詰めた菓子。シューchouxはフランス語でキャベツの意。丸く絞ったシュー生地がオーブンの熱によって膨らみ、独特のキャベツ型になって、中に空洞ができる。その中にクリームを詰めたのが本来の形であり、くせのない上品な味は世界中で好まれている。歴史的にはフランスが古く、17世紀くらいからある菓子の一つである。
 シューの皮8~10個分をつくるには、まず鍋(なべ)に水100ccとバター40グラム、砂糖、塩を入れ、バターが溶け湯が沸騰したところへ、ふるった薄力粉60グラムを一度に入れ、木杓子(きじゃくし)で手早く1~2分かき混ぜる(練りものが鍋の底から離れ、べとつかずボール状の粘度をもつのがよい)。鍋を火から下ろして80℃くらいに冷めたところへ、割りほぐした卵(2個)を4~5回に分けて加える。卵の量は、入れすぎても不足しても特有の形はできない。天板に油を引いて、直径3センチメートル大のシュー生地を、十分に間隔をあけて10個分絞り出す。200℃のオーブンで15分くらい焼き十分に膨らませ、130℃にして15分焼く。オーブンに入れる前のシュー生地に、卵液の残ったものを塗るか、表面に霧を吹き付けるとつやが出る。
 中に詰めるカスタードクリームは、卵黄2.5~3個、砂糖60~70グラム、薄力粉25~30グラム、牛乳200ccをあわせて煮立て、冷ましてバニラエッセンス小さじ1、キルシュかラム酒を加える。泡立てた生クリームを半量入れると、さらにおいしくなる。シュー皮にカスタードクリームを詰め、表面に粉砂糖をふる。シュー生地を利用してエクレア(細長くしてチョコレートをかける)、スワンシュー(白鳥の形にしたもの)、リングシュー(輪形に焼き上げる)など好みのものができる。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュークリームの関連情報