コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュールレアリスム(英語表記)〈フランス〉surréalisme

デジタル大辞泉の解説

シュールレアリスム(〈フランス〉surréalisme)

20世紀を代表する芸術思潮の一。1924年に刊行されたブルトンの「シュールレアリスム宣言」に始まる。ダダイスムの思想を受け継ぎつつフロイト深層心理学の影響を受け、非合理的なものや意識下の世界を追求、芸術の革新を企てた。ブルトンのほかに文学のアラゴンエリュアール、美術のエルンストミロダリなどが代表的。超現実主義シュールリアリズム。シュール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シュールレアリスム【surréalisme】

理性の支配をしりぞけ、夢や幻想など非合理な潜在意識の世界を表現することによって、人間の全的解放をめざす二〇世紀の芸術運動。ダダイスムを継承しつつ、フロイトの精神分析の影響下に1924年発刊されたブルトンの「シュールレアリスム宣言」に始まる。画家のダリ・キリコ・エルンスト、詩人のアラゴン・エリュアール・滝口修造らが有名。超現実主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュールレアリスムの関連情報