コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジョウエビ ショウジョウエビ Glyphus marsupialis

2件 の用語解説(ショウジョウエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジョウエビ
ショウジョウエビ
Glyphus marsupialis

軟甲綱十脚目オキエビ科。体長 25cmに達する大型種で深海性。生時は一様に濃赤色。額角は小さく,甲の側面に数本の細い稜が走る。第1脚,第2脚は大きく,鋏をもつ。第3脚は長く,糸状,第4脚,第5脚はごく短い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウジョウエビ
しょうじょうえび / 猩々蝦
kangaroo shrimp
[学]Glyphus marsupialis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オキエビ科に属するエビ。体長20センチメートルを超える大形種で、水深200~1200メートルの深海にすむ。体は一様に鮮やかな紅赤色。頭胸甲は強く側扁(そくへん)し、背正中線は鋭い稜(りょう)となる。額角(がっかく)はごく短く、その上縁から頭胸甲の背正中稜にかけて数個の小さな歯がある。頭胸甲の側面には肝域を中心に前後に2本ずつの稜が走る。雌の腹部は大きく膨らみ、とくに第2腹節が著しく大きい。日本産は、1918年(大正7)春、当時摂政宮(せっしょうのみや)であった昭和天皇が沼津御用邸に滞在中、暴風雨の翌朝海岸に打ち上げられた1尾を発見したのが最初である。その後、やはり沼津付近から5個体ほど採集されただけのまれな種である。学名は昭和天皇にちなんでシンパシファエア・インペリアリスSympasiphaea imperialisとよばれていたが、最近の研究によってインド洋産のシンパシファエア・アンネクテンスS. annectensとともに大西洋産と同一種とされ、標記の学名となった。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショウジョウエビの関連キーワード軟甲類沼海老赤蝦藜海老乙姫蝦車蝦桜蝦芝海老猩猩蝦牡丹海老

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone