コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジョウエビ Glyphus marsupialis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジョウエビ
Glyphus marsupialis

軟甲綱十脚目オキエビ科。体長 25cmに達する大型種で深海性。生時は一様に濃赤色。額角は小さく,甲の側面に数本の細い稜が走る。第1脚,第2脚は大きく,鋏をもつ。第3脚は長く,糸状,第4脚,第5脚はごく短い。1918年春,昭和天皇が皇太子当時に静岡県沼津市の海岸で採集した個体を模式標本として Sympasiphaea imperialis の名で記載されたが,その後の研究によって,インド洋および大西洋産の種と同一とされた。「猩々(しょうじょう)」の名は中国の伝説上の赤い体毛のサルに由来する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウジョウエビ
しょうじょうえび / 猩々蝦
kangaroo shrimp
[学]Glyphus marsupialis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オキエビ科に属するエビ。体長20センチメートルを超える大形種で、水深200~1200メートルの深海にすむ。体は一様に鮮やかな紅赤色。頭胸甲は強く側扁(そくへん)し、背正中線は鋭い稜(りょう)となる。額角(がっかく)はごく短く、その上縁から頭胸甲の背正中稜にかけて数個の小さな歯がある。頭胸甲の側面には肝域を中心に前後に2本ずつの稜が走る。雌の腹部は大きく膨らみ、とくに第2腹節が著しく大きい。日本産は、1918年(大正7)春、当時摂政宮(せっしょうのみや)であった昭和天皇が沼津御用邸に滞在中、暴風雨の翌朝海岸に打ち上げられた1尾を発見したのが最初である。その後、やはり沼津付近から5個体ほど採集されただけのまれな種である。学名は昭和天皇にちなんでシンパシファエア・インペリアリスSympasiphaea imperialisとよばれていたが、最近の研究によってインド洋産のシンパシファエア・アンネクテンスS. annectensとともに大西洋産と同一種とされ、標記の学名となった。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ショウジョウエビの関連キーワードSympasiphaea imperialis甲類

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android