コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジンガニ ショウジンガニ Plagusia dentipes

3件 の用語解説(ショウジンガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジンガニ
ショウジンガニ
Plagusia dentipes

軟甲綱十脚目ショウジンガニ科。甲幅約 5cm。甲は赤褐色で扁平,丸みのある四角形で硬く,フェルト状の短毛で覆われる。甲の側縁に 3歯あり,歩脚の長節前縁には鋸歯が並ぶ。鋏は左右同大で,橙赤色の顆粒が美しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ショウジンガニ

甲殻類イワガニ科のカニ。甲は丸みのある四角形で甲長4cmくらい。額の両側で第1触角窩(か)が深く食いこむ。色は赤褐色,側縁の歯や脚の節の周縁等は赤くて美しい。分布は日本全土〜台湾。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウジンガニ
しょうじんがに / 精進蟹
front-clefted shore crab
[学]Plagusia dentipes

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。日本各地の岩礁にごく普通にみられ、朝鮮半島、台湾、中国、およびカリフォルニア沿岸に分布する。甲は丸みのある四角形で、甲幅4.5センチメートルに達する。第1触角が額(がく)の両側に縦に畳まれるのが特徴的。歩脚の長節前縁には鋸(のこぎり)状の歯が並ぶ。各地で食用にする。波の荒い岩礁には近縁のイボショウジンガニP. tuberculatusがみられる。この種は甲面には大小の平たい顆粒(かりゅう)があって鱗(うろこ)状を呈する。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショウジンガニの関連キーワード軟甲類岩蟹隠れ蟹鬼面蟹菱蟹猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone