コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジンガニ ショウジンガニPlagusia dentipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジンガニ
Plagusia dentipes

軟甲綱十脚目ショウジンガニ科。甲幅約 5cm。甲は赤褐色で扁平,丸みのある四角形で硬く,フェルト状の短毛で覆われる。甲の側縁に 3歯あり,歩脚の長節前縁には鋸歯が並ぶ。鋏は左右同大で,橙赤色の顆粒が美しい。岩手県から台湾まで,岩礁の潮間帯から浅海にかけてごく普通に見られ,今日ではアメリカ合衆国カリフォルニア州沿岸にもすみついているという。地方によって食用とする。近縁のイボショウジンガニ P. tuberculata の背面はいぼ状突起に覆われ,鱗状となっている。相模湾以南,インド洋太平洋に広く分布し,潮間帯から浅海だけでなく,浮流物に付着して漂流していることもある。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ショウジンガニ

甲殻類イワガニ科のカニ。甲は丸みのある四角形で甲長4cmくらい。額の両側で第1触角窩(か)が深く食いこむ。色は赤褐色,側縁の歯や脚の節の周縁等は赤くて美しい。分布は日本全土〜台湾。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウジンガニ
しょうじんがに / 精進蟹
front-clefted shore crab
[学]Plagusia dentipes

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。日本各地の岩礁にごく普通にみられ、朝鮮半島、台湾、中国、およびカリフォルニア沿岸に分布する。甲は丸みのある四角形で、甲幅4.5センチメートルに達する。第1触角が額(がく)の両側に縦に畳まれるのが特徴的。歩脚の長節前縁には鋸(のこぎり)状の歯が並ぶ。各地で食用にする。波の荒い岩礁には近縁のイボショウジンガニP. tuberculatusがみられる。この種は甲面には大小の平たい顆粒(かりゅう)があって鱗(うろこ)状を呈する。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ショウジンガニの関連キーワード甲類

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android