コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウブ

3件 の用語解説(ショウブの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ショウブ

サトイモ科の多年草北海道〜九州,東アジアインド,北米の小川や池などの水辺にはえる。太い根茎があり,葉は長さ50〜90cm。5〜7月,花茎を出し,長さ4〜8cm,黄緑色の肉穂花序をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ショウブ【Acorus calamus L.】

サトイモ科の夏緑の多年草で全草に芳香があり,根茎を漢方では白菖,欧米ではrhizoma calamiの名で広く薬用にされていた(イラスト)。英名はsweet flag,(sweet) calamus,sweet root,sweet rush。根茎は太く,地表を横にはい,2列互生に葉を出す。葉は線形で,アヤメ類の葉に似て折りたたまれ,表面側で合着した単面葉で,基部は葉鞘(ようしよう)となる。長さ40~150cm,幅2~3cmほど,はっきりした中肋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウブ
しょうぶ / 菖蒲
[学]Acorus calamus L.

サトイモ科の多年草。全体に芳香がある。根茎は長く横にはい、径1~1.5センチメートル、節があり、よく分枝する。葉は根茎上に2列につき、基部で互いに抱き合い、線形で長さ50~80センチメートル、中央脈があり、先端は細くとがる。5~7月、扁平(へんぺい)で葉状の花茎を出し、円柱状の花序をやや斜めにつける。花茎には葉と同形の包葉が接続する。花は両性で花被片(かひへん)6枚、雄しべ6本、雌しべ1本。水辺の泥地に群生し、アジア、北アメリカに自生する。また、北半球の暖帯から温帯に広く帰化している。[邑田 仁]

民俗

5月5日の端午の節供を別名菖蒲(しょうぶ)の節供というように、ショウブの民俗は五月節供に集中している。独特の香気からショウブには邪気を払う効果があると考えられ、病気にならないよう矢羽形に切って髪に挿したり、鉢巻のように頭に結んだり、腰に巻いたりして祝う。またショウブの根を刻んで酒に漬けた菖蒲酒(あやめ酒)を飲んだり、ショウブとヨモギを入れた風呂(ふろ)に入ると健康を保てるなどともいう。鹿児島県の一部では、ショウブをふとんの下に敷いて寝るとノミが腰を折って湯治に行くので、以後はノミがいなくなるなどという。五月節供にショウブとヨモギ(またはカヤ)を束ねて軒に挿すことも全国的であるが、ショウブで屋根を葺(ふ)くといい、田植に先だって忌み籠(ごも)りをする行事だと考えられている。大分県の一部では、5月に屋根にあげたショウブを七夕(たなばた)に見立て、切り口が下向きならばその年は作柄がよいという。東北、関東、中部地方では、菖蒲打ち、菖蒲たたきといって、子供たちがショウブの束で打ち合う行事がある。
 昔話では、山姥(やまうば)に追われた人がショウブの生えている所に逃げ込んで助かった話とか、蛇の子を宿した女性が菖蒲湯につかって堕胎(おろ)したなどという「蛇婿入り」の話もあり、やはり五月節供とショウブとの関係を説明するような形をとっている。[井之口章次]

文学

文学作品にはアヤメグサ、アヤメとしてみえる。『万葉集』には12例、「菖蒲」の用字もかなり多い。5月5日に薬玉(くすだま)や鬘(かずら)にして健康長寿を祝う風俗が詠まれており、『古今集』の「ほととぎす鳴くや五月(さつき)のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな」(恋1・読人しらず)にも踏まえられている。菖蒲を軒に葺く習慣もよく和歌に詠まれ、『拾遺(しゅうい)集』に「昨日までよそに思ひしあやめ草今日我が宿のつまと見るかな」(夏・大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ))の例がある。その根の長さを競い合い、それにちなんで歌合(うたあわせ)をする根合(ねあわせ)もしばしば催され、1051年(永承6)の「内裏(だいり)根合」はとくに有名で『栄花(えいが)物語』「根合」に伝えられており、『堤中納言(つつみちゅうなごん)物語』の「逢坂(おうさか)越えぬ権(ごん)中納言」も根合が舞台となっている。西行(さいぎょう)の『山家(さんか)集』に「桜散る宿を飾れる菖蒲(あやめ)をば花さうぶとやいふべかるらむ」とあるのが、ショウブのまれな例であろう。俳諧(はいかい)の季題は夏。[小町谷照彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のショウブの言及

【アヤメ】より

…和名は葉が2列に並んだ様子の文目(あやめ)の意味から,あるいは花の外花被の基部に綾になった目をもつことから名付けられたという。昔アヤメとよんだのはサトイモ科のショウブのことであった。花は直径約8cm。…

【端午】より

…中国にはじまり,朝鮮,日本でも行われる旧暦5月5日の節供。
[中国]
 蒲節,端節,浴蘭節などともいう。〈端〉は〈初〉の意味で,元来は月の最初の午の日をいった。十二支の寅を正月とする夏暦では,5月は午の月にあたり,〈午〉が〈五〉に通じることや陽数の重なりを重んじたことなどから,3世紀,魏・晋以後,5月5日をとくに〈重五〉〈重午〉〈端陽〉などと呼び,この日に各種の祭礼を行うようになった。旧暦5月は高温多湿の盛夏であり,伝染病や毒虫の害がはなはだしく,悪月とされた。…

※「ショウブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ショウブの関連キーワードカラジウムオランダ海芋食わず芋里芋タロ芋スイートマージョラム蓮芋コンニャク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショウブの関連情報