コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショチカルコ Xochicalco

世界大百科事典 第2版の解説

ショチカルコ【Xochicalco】

メキシコ,モレロス州にあるメソアメリカ古典期後期,トルテカ文化の代表的城砦都市遺跡。石碑や羽毛ある蛇の神殿の浮彫にメソアメリカ各地の美術様式が混在し,神話に語られる諸集団集結の地タモアンチャンに比定する研究者も少なくない。そして,テオティワカン滅亡後,すなわち古典期後期を特徴づける,石輪のついた球技場やケツァルコアトル神信仰などの要素の多くが,ここに起源をもっている。【大井 邦明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショチカルコ
しょちかるこ
Xochicalco

メキシコ、モレロス州の州都クエルナバカの西方40キロメートルの地点にある祭祀(さいし)センターの遺跡。テオティワカンの影響もみられるが、その支配下に入った形跡はなく、それが没落したあと、7~9世紀に栄えた。丘陵上につくられ、濠(ごう)や塁壁を備えた防砦(ぼうさい)的構造をもつ。主要神殿の基壇側壁は、羽毛のある蛇すなわちケツァルコアトルと、マヤ的な特徴をもつ神官の坐像(ざぞう)の浮彫りで飾られている。球戯場も、コパンやコバーなどマヤ古典期遺跡のそれとよく似た構造をもつ。ピラミッドの南30メートルにある遺構の複合体は「石碑(エステラ)の神殿」を含み、そこからは、雨の神トラロック、太陽神とその配偶者を刻んだ、高さ180センチメートル弱の石碑が3本みつかっている。これらの神々の表現は、古典期中ごろの海岸低地の祭祀センターによくみられるものであり、エル・タヒン、ビルバオ、パレンケなどとのつながりが暗示されている。
 ショチカルコの栄えた時代はマヤ古典期後期にあたる。メキシコ中央高原では、この時期トラスカラ州のカカストラやイダルゴ州のトゥーラなどにマヤ的な特徴が現れているが、太平洋岸から、ゲレーロ、モレロスを経由して浸透してきたといわれるマヤ文化の影響を考察するうえで、ショチカルコの存在は重要である。10世紀初めの衰退も、メソアメリカ全体におこった通商システムや諸祭祀センターの変動と関連があると考えてよい。[増田義郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ショチカルコの関連キーワードトゥーラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android