コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーロ ショーロ choro

5件 の用語解説(ショーロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショーロ
ショーロ
choro

リオデジャネイロに発祥した,ブラジルの都会的音楽で,だいたいは器楽による小編成の合奏による。ソロの即興演奏が入るのが特色である。すでに 19世紀から存在するが,日本では 1980年代に本格的に紹介され,人気を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ショーロ(〈ポルトガル〉choro)

ブラジルの軽音楽の一。19世紀から都会で流行し、ギターフルートを中心とする即興的演奏に特色がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ショーロ

ブラジルで19世紀後半に完成された都市大衆音楽。白人系社会で生まれた音楽。ポルカなどのヨーロッパ渡来の音楽をフルートやギターなどからなる小規模の器楽合奏で演奏しているうちに,独自の即興性をもつ器楽に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ショーロ【choro】

ブラジルで19世紀後半に完成された都市大衆音楽。フルートやギターなどからなる小編成アンサンブルで,ポルカなどのヨーロッパ渡来の音楽を演奏しているうちに独自の即興性をもつ器楽音楽に発展し,すすり泣くような哀愁があるというので〈泣く〉(ショラールchorar)という言葉からショーロの語が生まれた。1930年ころ以降はサンバリズム感を取り入れ,サンバ・ショーロsamba‐choroなどいくつかのバリエーションも生まれ,今なおサンバと密接に関連しながら独立した一ジャンルであり続けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ショーロ【choro】

フルートとカバキーニョ(小型の四弦ギター)とギターの掛け合いを特徴とした、ブラジルの古典的な演奏スタイル。ブラジルのポピュラー音楽の表現法の土台となっている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショーロの関連キーワードアクレ移動派ケリマネパターソンバルディ家ナミベボス ブラジルスペシャル ブラジルの輝き未来世紀ブラジル埼玉県さいたま市大宮区三橋ラジャ・ソリマン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショーロの関連情報