コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラキ(白木) シラキ Sapium japonicum(Shirakia japonica)

2件 の用語解説(シラキ(白木)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラキ(白木)
シラキ
Sapium japonicum(Shirakia japonica)

トウダイグサ科の落葉小高木。東アジアの暖温帯に分布する。日本では本州,四国,九州,沖縄の山地に生える。葉は互生し卵形,倒卵形または楕円形で長さ6~13cmぐらいあり,先はとがる。葉柄の上端に2~4個の腺体があり,また葉の裏面のおもな支脈の先にも腺点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シラキ【シラキ(白木) Sapium japonicum Pax et Hoffm.】

暖温帯の低山に生育するトウダイグサ科の落葉低木(イラスト)。本州中部~沖縄に分布し,朝鮮,中国にも産する。高さ1~5m。楕円形の葉はカキの葉に似るが,裏面は粉白を帯び,葉身の基部両側に各1個の腺体があるのが特徴。小さな腺体は葉縁にも数個つく。若い葉や枝は紅紫色で,切ると白い乳液が浸出する。5~7月ころ,枝先に10cmほどの総状花序を直立し,上部に多数の雄花,下部に数個の雌花をつける。花は小さく,黄色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシラキ(白木)の言及

【白木・黒木】より

…白木は現代では〈しらき〉と読んで,塗装されていない木材を指すが,古くは樹皮がついたままの木材を指す黒木に対比して,樹皮を取り去った木材を白木と呼んだ。日本の古代建築では,神社や宮殿に白木のヒノキ材が用いられ,その美しい木肌が尊重されたが,一方では樹皮のついたままの木材が選ばれる場合があった。大嘗祭(だいじようさい)に建てられる臨時の神殿である大嘗宮正殿では,柱は黒木の掘立柱で,屋根も新しく刈った青草で葺(ふ)いた。…

【百姓稼山】より

…近世の小農民が特定の山林に立ち入って,家作木や薪炭材・肥飼草を採り,これを交易または売却して生計費に充てることを許された山。多くは〈御林(おはやし)〉の一部か村持ちの共用林かであるが,いずれにも一定の採取制限と,山手・山銭名義の軽租または収益料を納めるのを普通とした。飛驒国で中世末のころから行われた百姓稼山(白木稼ともいう)は,領主の御林山で用材を採出した跡に放置された残材(根木,末木,悪木,枝条など)を処理して,各種の白木類(短軽材や割材)を再生産するか,または御林内の枯損木(立枯木や風・雪折木など)から家作木や白木・薪などを採出して,近隣諸国にまで売りさばくことを免許された稼山をいう。…

※「シラキ(白木)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シラキ(白木)の関連キーワードナツトウダイ榎草暖温帯高灯台灯台草夏灯台タピオカデンプントウダイグサヒトツバハギカンコノキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone