コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラサギ シラサギ white egrets

2件 の用語解説(シラサギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラサギ
シラサギ
white egrets

ペリカン目サギ科の鳥のうちで体全体の羽色の白いものの総称。日本にはカラシラサギコサギダイサギチュウサギなどが分布するが,なかでもコサギが最も多い。このほかにアマサギも冬羽がほぼ白く,クロサギには白色型があり,これらもシラサギ呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラサギ
しらさぎ / 白鷺
white egret

鳥綱コウノトリ目サギ科に属する鳥のうち全身白色のものの総称。日本には18種のサギ類が分布し、そのうち全身白色のものはコサギ属Egrettaに属するダイサギE. alba、チュウサギE. intermedia、コサギE. garzetta、カラシラサギE. europhotesの4種であるが、カラシラサギはまれな迷鳥で、シラサギとよばれるのは普通最初の3種である。なかでもコサギがいちばん多く、ついでチュウサギが多い。シラサギ類は、多数の鳥が群れ集まって一大混合集団となり、営巣する。またシラサギ類の集団営巣には普通多数のゴイサギと少数のアマサギが加わる。こうしたサギ類の集団営巣地はサギ山とよばれる。繁殖期のシラサギ類の背の飾り羽は非常に優美で、かつては婦人の帽子の飾りなどとして、高価に売買されていた。このため、シラサギ類は、飾り羽を目的とする羽毛採集業者によって乱獲され、世界のあちこちで絶滅に近い状態となった。その後、飾り羽の採集は多くの国で禁じられ、シラサギ類は普通にみられるようになった。しかし近年、工業化に伴って繁殖場所や採食場所が狭められ、またしだいに少なくなっている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラサギの関連キーワードガネット鰹鳥中鷺熱帯鳥尼鷺烏帽子鳥河鵜灰色ペリカンシラサギ(白鷺)ペリカン目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シラサギの関連情報