コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラミバエ シラミバエ Hippoboscidae; louse fly

2件 の用語解説(シラミバエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラミバエ
シラミバエ
Hippoboscidae; louse fly

双翅目シラミバエ科に属する昆虫の総称。寄生性のハエで,宿主から吸血する。体は小型,扁平で,体表は皮状になっている。頭部は多少とも胸部前縁のくぼみに陥合する。触角は1節で,頭部のくぼみに納まり,端刺をもつものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラミバエ
しらみばえ / 蝨蠅
forest fliesbird flieslouse fliesflat flies

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群蛹生(ようせい)類の1科Hippoboscidaeを構成する昆虫群。体は扁平(へんぺい)で、脚(あし)の基部は1対の左右が著しく離れている。頭部は大きく、複眼も大きいが、単眼は種類によっては欠くものがある。触角は3節からなるが、短小。はねは種類によって著しく異なり、大きくて幅の広いもの、長いが幅が著しく狭いもの、宿主に到達後に脱翅するものなどがあるが、いずれにしても翅脈は前縁側に著しく偏って走っている。まったく無翅の種類もある。脚はじょうぶで、つめは発達している。腹部は短く、円形または三角形に近い。ウシ、ウマ、ヒツジなどの家畜やシカなどに寄生するものと、鳥類に寄生するものがある。ときには人を襲うことも知られている。
 代表的な種類に、ウマシラミバエHippobosca equinaがあり、ウマ、ウシ、イヌ、ウサギなどに寄生する。シカシラミバエLipoptena sikaeは、奈良公園のホンシュウジカにかなり寄生している。ツバメシラミバエCrataerina hirundinisは、はねは細長く笹葉(ささば)状で、先端はとがり、ツバメ類に寄生する。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラミバエの関連キーワードキンバエ実蠅虱蠅蚤蠅シラミバエ(虱蠅)チョウバエ(蝶蠅)ノミバエ(蚤蠅)フンバエ(糞蠅)ミバエ(果実蠅)ムギハモグリバエ(麦潜葉蠅)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone