コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリウス・イタリクス シリウス・イタリクス Silius Italicus, Tiberius Catius Asconius

2件 の用語解説(シリウス・イタリクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリウス・イタリクス
シリウス・イタリクス
Silius Italicus, Tiberius Catius Asconius

[生]25/26. パタウィウム(現パドバ)?
[没]101
ローマ叙事詩人。ネロ帝のもとで,68年に執政官。その後アシア総督になり,引退後,文芸愛好家として余生をおくった。代表作『ポエニ戦役』 Punica (17巻) は,ハンニバルの誓言からザマの役におけるスキピオの勝利にいたる第2次ポエニ戦争を歌う叙事詩で,材料はリウィウスからとり,形式はウェルギリウスルカヌスに学んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリウス・イタリクス
しりうすいたりくす
Silius Italicus
(26ころ―101)

古代ローマの詩人。ローマで政治家として出発し、68年にはネロ皇帝の最後の執政官(コンスル)となり、またアジアにおける行政でも名をあげたが、その後は引退し、芸術を愛好して余裕のある生活を送った。最後は不治の病にかかり、食を断って自ら餓死したという。カルタゴとローマの対決を扱った一万数千行に及ぶ叙事詩『ポエニ戦詩』(全17巻)を書いている。[引地正俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリウス・イタリクスの関連キーワードパタウィウムリウィウスソディウムオルフィウムトリモンティウムウィウァリウムガイウス・オクタウィウスクアドリウィウムトリウィウムペタウィウス,D.

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone