コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリトー シリトー Sillitoe, Alan

5件 の用語解説(シリトーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリトー
シリトー
Sillitoe, Alan

[生]1928.3.4. ノッティンガム
[没]2010.4.25. ロンドン
イギリスの小説家。1950年代にイギリスに登場した「怒れる若者たち」の一人。工場労働者の家に生まれ,14歳から工場で働き始めたが 1946年に徴兵され,マレーシアマラヤで通信兵として 2年間軍務についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シリトー(Alan Sillitoe)

[1928~2010]英国の小説家。下層労働者階級生活感情や意識を描いた「土曜の夜と日曜の朝」で認められた。ほかに「長距離ランナーの孤独」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シリトー

英国の小説家。処女作《土曜の夜と日曜の朝》(1958年)で労働者階級出身の〈怒れる若者(アングリー・ヤング・メン)〉として注目された。短編集《長距離ランナーの孤独》(1959年)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

シリトー【Alan Sillitoe】

1928~ ) イギリスの小説家。第二次大戦後の若い労働者階級の日常やその意識を簡潔な文体で描いた。小説「長距離走者の孤独」ほか。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリトー
しりとー
Alan Sillitoe
(1928―2010)

イギリスの小説家。労働者の息子としてノッティンガムに生まれ、14歳で学校をやめ工場で働く。第二次世界大戦中は空軍に入り、無電技手としてマラヤに勤務。戦後の若い労働者を描いた『土曜の夜と日曜の朝』(1958)で一躍有名になった。以後、非行少年感化院での清潔でみごとな反抗を描いた『長距離走者の孤独』(1959)、寓話(ぐうわ)『将軍』(1960)、詩集『鼠(ねずみ)たち』(1960)、少年時代とマラヤ生活を扱った自伝的小説『ドアの鍵(かぎ)』(1961)、ソビエト紀行『ボルゴグラードへの道』(1964)、現代社会の壮大な教養小説を目ざす『ウィリアム・ポスターズの死』(1965)、『燃える樹(き)』(1967)、『見えない炎』(1974)の三部作のほか、『華麗なる門出』(1970)、架空の全体主義国を描いた寓話小説『ニヒロンの旅』(1971)、『素材』(1972)などで旺盛(おうせい)な活躍をみせた。彼の小説は、下層階級の生活感情や意識を簡潔で鮮明な文体で描いた初期の長・短編と、中期以降の自己探究的で告白的な長編と、初期の特徴を生かした短編とに大別されるが、その底に流れているのは、H・G・ウェルズ、D・H・ローレンスの作品に連なるきわめてイギリス的なノンコンフォーミズム(反体制)の文学伝統である。1984年(昭和59)国際ペンクラブ東京大会出席のため来日した。[鈴木建三]
 その後も精力的に創作活動に励み、労働者階級に生まれた少年が、自らを取り囲むさまざまなレベルでの「渦」に巻き込まれまいと必死になるようすを描いた長編小説『渦をのがれて』(1987)、自伝『鎧(よろい)なき人生』(1995)、短編小説『ワニの遊び場』(1997)などを次々と発表した。人気作家としてその名を広く知られるようになった作者自身の境遇の変化に伴い、作品に投影される政治色は以前に比べて薄れた感は否定できないものの、2001年刊行の長編小説『誕生日』に至るまで、先にあげた文学伝統は一貫して作品から作品へと引き継がれている。[松本和子]
『関口功訳『将軍』(1970・早川書房) ▽上野瞭訳『マーマレード・ジムのぼうけん』(1971・あかね書房) ▽鈴木建三訳『ロシアの夜とソビエトの朝』(1973・晶文社) ▽河野一郎訳『華麗なる門出』上下(1974・集英社) ▽橋口稔訳『グスマン帰れ』(1976・集英社) ▽栗原行雄訳『ドアの鍵』『素材』(1976・集英社) ▽橋口稔訳『見えない炎』(1977・集英社) ▽河野一郎訳『屑屋の娘』(1977・集英社) ▽出口保夫訳『私はどのようにして作家となったか』(1978・集英社) ▽小野寺健訳『ニヒロンへの旅』(1979・講談社) ▽橋口稔訳『ノッティンガム物語』『ウィリアム・ポスターズの死』(1980・集英社) ▽鈴木建三訳『燃える樹』(1980・集英社) ▽河野一郎訳『悪魔の暦』(1983・集英社) ▽山田順子訳『渦をのがれて』(1990・福武書店) ▽永川玲二訳『土曜の夜と日曜の朝』(新潮文庫) ▽丸谷才一・河野一郎訳『長距離走者の孤独』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリトーの関連キーワードノッティンガムノッチンガムフィンガーペインティング風船ガムノッチンガム城ノッティンガム城ノッティングヒルグリーンガムのってカンガルーノッティ炭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シリトーの関連情報