コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロイルカ Delphinapterus leucas; white whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロイルカ
Delphinapterus leucas; white whale

クジラ目ハクジラ亜目イッカク科シロイルカ属。別称ベルーガ。かん高い鳴き声を発することから海のカナリアとも称される。体長は雄約 5.5m以下,雌約 4.1m以下。体重は最大約 1.6tに達する。出生体長は約 1.6m。体色は年齢とともに変化する。幼鯨は藍ねずみ色で濃く細かい斑紋があるが,のち斑紋は灰黄色となり,性的成熟に達する頃には全身白色となる。成鯨は白っぽい象牙色。頭部は丸く口は大きい。嘴 (くちばし) はない。頸部は明瞭で,頸椎骨が遊離しているので頭部を左右に振ることができる。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。背鰭 (せびれ) はないが,背部中央に長さ約 1mの隆起があり,尾鰭中央に向ってキール (稜線) をなす。胸鰭はうちわ状で丸い。歯は上下ともに左右8~10対あり,歯の直径は 8mm程度。 15頭前後の群れをなすことが多いが,ときおり 100頭以上の群れをなす。通常動きは緩慢であるが,夏季は河口に集り活発に行動する。繁殖期は4~8月。おもに底生魚類を食するが,イカ類やズワイガニ等の大型甲殻類も捕食する。北極圏と亜北極域に広く分布する。沿岸に生息するがときには外洋や河口にも出現する。皮は上質で靴や書物の背表紙に使われる。本種の鯨油は非常に高価である。北極地方では肉や脂皮が食料として貴重。石油や天然ガス資源の開発によって生態に及ぼされる影響が懸念されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シロイルカ【white whale】

ハクジラ亜目イッカク科の哺乳類北半球の寒帯,亜寒帯に生息する白色のイルカ。出生時には灰褐色で,しだいに淡くなり成体では純白となる。背びれはないが,類似の小隆起が背中の中ほどにある。歯は上下左右に各8~10本。体長4.5mに達する。流氷を追って季節的に移動する集団としない集団とがある。成長速度や妊娠率などは産地によって異なる。春に交尾をし,夏には暖かい河口域に集まって1子を生む。妊娠期間は11~14.5ヵ月。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロイルカ
しろいるか / 白海豚
belugawhite whale
[学]Delphinapterus leucas

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目イッカク科のハクジラ。別名シロクジラ。北極海、ベーリング海、カナダ北部海域など北方の寒海にのみ生息する。日本沿岸では1979年(昭和54)日本海の若狭(わかさ)湾付近で1頭が採集されたことがある。体長は約5メートル。体色は、幼体では青みがかったねずみ色であるが、成体になると全身白色となる。頭は丸く、くちばしはない。歯は上下のあごの左右各列8~10本ある。体は柔軟で、とくに頭部と胸びれがよく動く。高く澄んだ鳴き声をよくたてる。夏の繁殖期には100頭以上の群れをつくる。食物はイカ、カニ、魚類などである。水族館での飼育は容易で多くの芸も覚える。[鳥羽山照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシロイルカの言及

【イルカ(海豚)】より

…英語でも同様で,一般にはdolphinであるが,マイルカ科の大型種はwhaleと呼ばれる。しかしシロイルカは英語ではwhite whaleである。カワイルカ類は体長1.4~2.5mで,長い棒状の吻(ふん)をもち原始的で,アジアと南アメリカに5種が分布している。…

※「シロイルカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シロイルカの関連キーワードしまね海洋館アクアス名古屋港水族館ベーリング海チャーチルアーリャナスチャケーリャランゲルナックアンナナナ白鯨

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シロイルカの関連情報