コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロイルカ シロイルカ Delphinapterus leucas; white whale

3件 の用語解説(シロイルカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロイルカ
シロイルカ
Delphinapterus leucas; white whale

クジラ目ハクジラ亜目イッカク科シロイルカ属。別称ベルーガ。かん高い鳴き声を発することから海のカナリアとも称される。体長は雄約 5.5m以下,雌約 4.1m以下。体重は最大約 1.6tに達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シロイルカ【white whale】

クジラ亜目イッカク科の哺乳類北半球の寒帯,亜寒帯に生息する白色のイルカ。出生時には灰褐色で,しだいに淡くなり成体では純白となる。背びれはないが,類似の小隆起が背中の中ほどにある。歯は上下左右に各8~10本。体長4.5mに達する。流氷を追って季節的に移動する集団としない集団とがある。成長速度や妊娠率などは産地によって異なる。春に交尾をし,夏には暖かい河口域に集まって1子を生む。妊娠期間は11~14.5ヵ月。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロイルカ
しろいるか / 白海豚
belugawhite whale
[学]Delphinapterus leucas

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目イッカク科のハクジラ。別名シロクジラ。北極海、ベーリング海、カナダ北部海域など北方の寒海にのみ生息する。日本沿岸では1979年(昭和54)日本海の若狭(わかさ)湾付近で1頭が採集されたことがある。体長は約5メートル。体色は、幼体では青みがかったねずみ色であるが、成体になると全身白色となる。頭は丸く、くちばしはない。歯は上下のあごの左右各列8~10本ある。体は柔軟で、とくに頭部と胸びれがよく動く。高く澄んだ鳴き声をよくたてる。夏の繁殖期には100頭以上の群れをつくる。食物はイカ、カニ、魚類などである。水族館での飼育は容易で多くの芸も覚える。[鳥羽山照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシロイルカの言及

【イルカ(海豚)】より

…英語でも同様で,一般にはdolphinであるが,マイルカ科の大型種はwhaleと呼ばれる。しかしシロイルカは英語ではwhite whaleである。カワイルカ類は体長1.4~2.5mで,長い棒状の吻(ふん)をもち原始的で,アジアと南アメリカに5種が分布している。…

※「シロイルカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シロイルカの関連キーワードツチクジラ克鯨白海豚槌鯨鼠海豚歯鯨鬚鯨イルカ(海豚)イッカク(一角)ナガスクジラ(長須鯨)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロイルカの関連情報