コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェファーソン Jefferson, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェファーソン
Jefferson, Joseph

[生]1829.2.20. フィラデルフィア
[没]1905.4.23. パームビーチ
19世紀アメリカ演劇を代表する喜劇俳優。有名な俳優一家に生れ,L.キーン一座で演じた『我らのアメリカのいとこ』 (1858) で成功。 D.ブーシコー脚色による『リップ・バン・ウィンクル』は,1865年のロンドン初演以後 80年までしばしば再演され,彼の最大の当り役となった。

ジェファーソン
Jefferson, Thomas

[生]1743.4.13. バージニア,シャドウェル
[没]1826.7.4. バージニア,モンティセロ
アメリカの政治家,思想家。アメリカ独立宣言の起草者。第3代大統領 (在任 1801~09) 。バージニア植民地のプランター (大農場主) の家に生れ,1757年父の死により遺産を相続。生涯を通じて 1200ha余の土地と,約 150人の奴隷を所有。 62年ウィリアム・アンド・メアリー大学卒業。 67年弁護士となる。 69~74年バージニア植民地議会議員。独立運動の指導者となり 73年 R.リー,P.ヘンリーらとともにバージニア通信連絡委員会を組織。 75,76年大陸会議代表。 B.フランクリン,J.アダムズらとともに独立宣言起草委員に指名され,独立宣言草案を執筆。 79~81年バージニア邦知事として独立戦争下の邦を指導。 83~85年再び大陸会議代表。 85~89年フランス駐在公使として同盟国フランスとの友好維持にあたった。 90~93年 G.ワシントン大統領のもとで初代国務長官。財務長官 A.ハミルトンをはじめとする連邦派に対抗してリパブリカンズ (共和派) の代表的存在となり,アメリカにおける政党誕生の礎をつくった。 97~1801年アダムズ大統領のもとで副大統領。 01年第3代大統領に就任。大統領としてはハミルトン路線を継承した。 03年ナポレオン治下のフランスと交渉し,「ルイジアナ購入」に成功。わずか 1500万ドルの支出によってアメリカの領土は一躍2倍になり,白人人口の西漸のための基礎となった。ナポレオン戦争では中立政策を維持。第2期の大統領任期終了とともにバージニア州モンティセロのプランテーションに引退。主著『バージニア覚え書』 Notes on the State of Virginia (1782) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェファーソン(Thomas Jefferson)

[1743~1826]米国の政治家。第3代大統領。在任1801~1809。独立運動に参加して、「独立宣言」を起草。国務長官・副大統領を経て、大統領となった。貿易の改善、ルイジアナ州の購入などの功績を残す。退任後には、バージニア大学を創立。→マディソン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェファーソン
じぇふぁーそん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジェファーソンの関連キーワードサイケデリック・ロック[psychedelic rock]シャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学ジェファーソンナショナルエクスパンションメモリアルウッドストック・フェスティバル独立記念日[アメリカ合衆国]ドライトートガス国立公園ストーンマウンテン公園ラシュモア山国立記念物ヨクナパトーファ・サガジェファーソンシティートリッキー ロフトンジョッシュ ホワイトグロス博士の臨床講義ジェファーソン記念堂アメリカの国会図書館ジェファーソン記念館ホワイト・ラビットナショナルモールオザークス人造湖ザ・プレジデンツ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェファーソンの関連情報