コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジガバチ ジガバチ Ammophila sabulosa

3件 の用語解説(ジガバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジガバチ
ジガバチ
Ammophila sabulosa

膜翅目ジガバチ科。体長は雌 23mm,雄 19mm内外。体は黒色で第1~2腹背節は赤色 (雄では1黒縦条がある) ,第3節以下は藍色を帯びる。腹部の基部は細長い腹柄となる。翅は透明でわずかに曇る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジガバチ

膜翅(まくし)目アナバチ科の昆虫,またはアナバチ科の中の一群すなわちジガバチ類の総称。前者は体長20mm内外,黒色,腹柄第2節と腹部第1節は赤色。日本全土に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジガバチ
じがばち / 似我蜂
sand wasp

昆虫綱膜翅(まくし)目アナバチ科の1族あるいは1属の名。ジガバチ族Ammophiliniは6属に分けられ、そのうち2属が日本に分布している。アナバチ科はジガバチ科とよばれることがある。ジガバチ属Ammophilaは世界各地から約200種、日本から3種が記録されている。各地に初夏から晩秋まで普通にみられるのはサトジガバチA. sabulosa nipponicaと別種あるいは近似の別種のヤマジガバチA. infestaである。亜種の形態的特徴はわずかである。体長25ミリメートル内外。体は黒色で腹部は多少藍(あい)色を帯び、腹柄(ふくへい)後方と腹部第1節は赤褐色である。体は棒状で細長く、はねは比較的短い。巣穴は地面とほとんど直角に大あごで直径5~8ミリメートル、深さ1~3センチメートルの縦穴を掘り、その先に直径1~1.5センチメートル、長さ2~3センチメートルほどの楕円(だえん)形の独房をつくる。狩りに出かける際は巣穴をふさぎ、獲物はヤガやシャクガの幼虫を狩ってくる。麻痺(まひ)状態の幼虫(アオムシ)を独房に引き入れ、その横腹に1卵を産み付けるが、獲物の量が不足すると次の狩りに出かける。穴に詰めた砂は出入りのたびに開閉されるが、永久戸締まりの際は詰め砂の上を念入りに顔面でたたき、ときには小石をくわえてたたき固める。ジガバチの名は、大あごで巣を掘り起こすとき「ジガ、ジガ、……」と聞こえる翅音(はおと)をたてることに由来する。別種のフジジガバチA. atripes japonicaは、本州以南に分布する南方系の種で、前種より大きく、脚(あし)が黄赤色で、はねも褐色を帯びる美しい種であるが、分布が限られる珍種である。ほかの1属は、ホップランモフィラ属Hoplammophilaであり、山地性のミカドジガバチH. aemulansが知られている。この種はサトジガバチやヤマジガバチに似ているが、体長30ミリメートル内外で中胸側板上に顕著な毛斑(もうはん)がある。一般にジガバチ類は地中に自分の巣を掘るが、本種は立ち木の甲虫脱出坑や竹筒などを利用して営巣する。獲物はシャチホコガ科の幼虫であるが、1独房には1頭貯蔵されるのみである。[須田博久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジガバチの関連キーワードアナバチ(穴蜂)足長蜂穴蜂似我蜂鼈甲蜂イチジクコバチアシナガバチ(脚長蜂)コマユバチ(小繭蜂)ジガバチ(似我蜂)ヒメバチ(姫蜂)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone