コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジクロロメタン dichloromethane

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジクロロメタン
じくろろめたん
dichloromethane

メタンの水素原子2個を塩素原子で置換した化合物。塩化メチレンともいう。エーテル臭のする無色液体。工業的には、塩素によりメタンを350~400℃で塩素化して得たクロロメタン、ジクロロメタン、クロロホルム、四塩化炭素(テトラクロロメタン)の混合物を分別蒸留するか、メタノールと塩化水素より得たクロロメタンを同様に塩素化して製造する。水にはわずかしか溶けないが、エタノール、エーテルには溶ける。塗料剥離(はくり)剤、金属脱脂剤などの洗浄剤、ウレタン発泡助剤、エアゾール噴射剤、冷媒などの反応溶媒として用いられる。不燃性で、市販品にはメタノールなどの安定剤が入っている。排水基準値は0.2mg/lと厳しく、取扱いに注意が必要である。[谷利陸平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジクロロメタンの言及

【塩化メチレン】より

…ジクロロメタンともいう。化学式CH2Cl2。…

※「ジクロロメタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ジクロロメタンの関連キーワードジクロロメタン(データノート)過酸化ベンゾイル有機ハロゲン化物クロミック材料トリハロメタン胆管がん問題ハロゲン化水質基準空気調和生物電池環境基準胆管がん塩化物胆管癌

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジクロロメタンの関連情報