コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコウアゲハ Atrophaeneura alcinous

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコウアゲハ
Atrophaeneura alcinous

鱗翅目アゲハチョウ科。前翅長 45~60mm。前後翅とも細長く,尾状突起は太く長い。体の側部に赤または黄色の毛が生えている。翅の色彩は雌雄で異なり,は黒色で後翅外縁に赤色弦月紋があるが,翅表では裏面のそれに比べて不明瞭である。の翅表は外縁を除いて大部分が黄灰色で,汚黄色の弦月紋も明瞭である。暖地のものほど黒化し,南西諸島産では雌雄にほとんど差がない。また体に赤色毛が多くなる。幼虫はウマノスズクサ類の葉を食べて成育する。成虫は年2~3回出現。蛹は特異な形をしていてお菊虫と呼ばれる。本州,四国,九州,南西諸島,台湾,中国に分布し,いくつかの亜種に分けられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャコウアゲハ

鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科の1種。ヤマジョロウとも。開張100mm内外,夏型は春型より大きい。黒色,雌は灰褐色を帯びる。後翅外縁に赤〜黄色紋が並ぶ。北海道を除く日本,朝鮮,中国,台湾などに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャコウアゲハ【Byasa alcinous】

鱗翅目アゲハチョウ科の昆虫(イラスト)。大型で開張は7.5~10cm。暖地に多く,日本での北限秋田県。雄は黒くやや小型,雌は黄褐色の翅をもつため区別は容易である。飛び方は大型アゲハ中もっともゆるやかで,長い尾状突起が目だつ。腹部下面は雄では鮮紅色,雌は淡褐色,胸部側面,後翅の紋も同様の色の差がある。成虫,とくに雄は芳香を放つので麝香(じやこう)の名がついた。九州から南西諸島に向かうに従って雌が雄に似て黒くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャコウアゲハ
じゃこうあげは / 麝香揚羽
[学]Byasa alcinous

昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科に属するチョウ。本州北部より南西諸島の八重山(やえやま)にわたって広く分布するが、その発生地は局部的であることが多く、どこにでもみられるチョウではない。ジャコウアゲハの和名は、これをとらえると強いじゃ香様の芳香を出すことからきている。国外では朝鮮半島、中国、台湾に産する。はねの開張90~110ミリメートル。後ろばねの尾状突起が長く、一見オナガアゲハに似ているが、本種は体に赤色から黄色の毛がある。本州の北部や山地帯では1年に2回(5~6月、7~8月)発生、暖地に向かうにつれて発生回数を増す。幼虫の食草はウマノスズクサ科のつる草で、幼虫の体は円筒形で黒く、腹部第3、4節に白い横帯が並んでいる。蛹(さなぎ)は変わった形をしているのでオキクムシ(お菊虫。番町皿屋敷のお菊の亡霊という伝説に由来している)とよばれる。蛹の状態で越冬する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジャコウアゲハの言及

【アゲハチョウ(揚羽蝶)】より

…草原性のものは少なく,多くは森林性である。日本には主として後翅に尾のある真正アゲハ類(英名swallow tail)11種(アゲハチョウ,キアゲハ(イラスト),オナシアゲハ,カラスアゲハ(イラスト),オキナワカラスアゲハ,ミヤマカラスアゲハ,クロアゲハオナガアゲハモンキアゲハ,シロオビアゲハ,ナガサキアゲハ),アオスジアゲハ類2種(アオスジアゲハミカドアゲハ),ジャコウアゲハ類2種(ジャコウアゲハ,ベニモンアゲハ)の計15種が分布している。 この日本に21種が分布するのはヨーロッパ全域の11種と比べれば多いといえる。…

※「ジャコウアゲハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャコウアゲハの関連キーワードウマノスズクサ科トリバネチョウアゲハモドキ阿菊虫・螠虫オキクムシマダラガ擬鳳蝶蛾白水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャコウアゲハの関連情報