ジャックと豆の木(読み)ジャックとまめのき(英語表記)Jack and the Bean-stalk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャックと豆の木
ジャックとまめのき
Jack and the Bean-stalk

イギリスの有名な民話北欧神話に基づくが,同種のものは北アメリカインディアン南アフリカの伝承にもみられ,広く世界にまたがる民話である。貧しい寡婦の子ジャックが母の牝牛一握りと交換,母に叱責されるが,その豆が一夜のうちに天まで伸びる大木となり,ジャックはそれを伝い天上の国に登って,父のかたきの巨人から数々の宝物を奪って地上に帰る。あとを追ってきた巨人は,ジャックが豆の木を切ったため墜落して死ぬ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャックと豆の木【ジャックとまめのき】

英国の民話。牛と交換して得た豆が天に達する大木になり,ジャックはそれを登って不思議の国に行き,巨人の宝を盗みとる。巨人は,あとを追うが,先に地上に降りたジャックに豆の木を切り倒され,落ちて死ぬ。北欧に起源をもつといわれ,同系の話はヨーロッパで広く語られている。また英国説話ではジャックの名が巨人退治ばなしの主人公としてよく登場する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャックと豆の木

米国の作家エド・マクベインのミステリー(1984)。原題《Jack And the Beanstalk》。「ホープ弁護士」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャックとまめのき【ジャックと豆の木】

イギリスの昔話。貧乏な母親と住むジャック少年は牝牛を市へ売りに行く途中,不思議な老人の言うなりに牛と魔法の豆をとりかえる。怒った母親が窓の外へ放り投げた豆は翌朝天までとどく豆の木に生長。ジャックは木をつたって天へ登り人食い鬼の家に着く。3回の天訪問のつどジャックは,金貨の袋,金の卵を産む鶏,金の竪琴を盗み出す。3回目に竪琴が主を呼んだおかげでジャックは鬼に追われる。先に地上に降り立ったジャックは母親の斧で木を切り倒し,鬼は落ちて死ぬ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジャックとまめのき【ジャックと豆の木】

イギリスの昔話。ジャックがだまされて交換した豆は一夜で天までとどく木となる。ジャックはこれを登って天上の巨人の城から宝物を盗み出し、木を切り倒して追ってくる巨人を落とし、退治する。広くヨーロッパに類話が分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャックと豆の木
じゃっくとまめのき
Jack and the Beanstalk

イギリス、イングランド地方の代表的民話。怠け者のジャックが、牛と交換に豆を手に入れる。一晩のうちに天まで伸びた豆の木を登って、空の上の国にたどり着き、巨人がジャックの父から奪った竪琴(たてごと)と金の卵を産むニワトリと金の袋を奪い返し、巨人を退治する話。竪琴は風を、金の袋は雨を、ニワトリは太陽を象徴し、ジャックの冒険は、人間生活に必要なものを地上に取り戻すことを意味するという解釈もある。起源は遠く北欧神話のイグドラシル(天と地と下界を結ぶトネリコの大樹)にさかのぼるといわれ、各地に類似した民話がある。[神宮輝夫]
『ジョセフ・ジェイコブス著、木下順二訳『ジャックと豆のつる』(1967・岩波書店) ▽ジョセフ・ジェイコブス著、乾侑美子訳『ジャックと豆の木』(1979・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例