ジャパンエナジー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャパンエナジー

JX日鉱日石エネルギーの前身の石油元売会社。1992年日本鉱業と共同石油が対等合併して発足した日鉱共石が,1993年に社名変更しジャパンエナジーとなった。給油所名を共石ブランドから JOMOに転換。製販一体の強みをいかして,医薬品をはじめ新素材の開発にも意欲的に取り組んだ。また,コンビニエンスストアの展開も進めた。2010年4月に親会社の新日鉱ホールディングスが新日本石油と経営統合して JXホールディングスを発足させ,同年 7月新日本石油,新日本石油精製と合併してJX日鉱日石エネルギーとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャパンエナジーの関連情報