コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久原房之助 くはら ふさのすけ

美術人名辞典の解説

久原房之助

実業家・政治家山口県生。久原庄三郎の四男。慶応義塾大卒。森村組を経て、藤田組に入社、のち日立製作所久原商事などを設立し、久原財閥を形成した。政友会に入党し、田中義一内閣の逓信相、立憲政友会幹事長・総裁となる。また日中・日ソ国交回復国民会議議長を務めた。昭和40年(1965)歿、96才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

久原房之助【くはらふさのすけ】

実業家,政治家。長州萩の醸造家の子。慶応義塾卒。叔父藤田伝三郎の経営する藤田組に勤めたが,1905年独立して茨城県の赤沢銅山を買収(のち久原鉱業所日立鉱山日産コンツェルンの母体)。
→関連項目日本鉱業[株]日立[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久原房之助 くはら-ふさのすけ

1869-1965 明治-昭和時代の実業家,政治家。
明治2年6月4日生まれ。久原庄三郎の4男。明治24年藤田組にはいり小坂鉱山を再建。日立鉱山を開発して久原鉱業,日立製作所を創立する。昭和3年経営を義兄鮎川義介(あゆかわ-よしすけ)にゆだね衆議院議員に転身(当選5回),同年田中義一内閣逓信相,14年政友会総裁。昭和40年1月29日死去。95歳。長門(ながと)(山口県)出身。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くはらふさのすけ【久原房之助】

1869‐1965(明治2‐昭和40)
実業家,政治家。山口・萩の醸造業者久原庄三郎の四男に生まれる。藤田組の創設者藤田伝三郎は父庄三郎の実弟。慶応義塾卒業。森村組を経て藤田組に入り,小坂鉱山の再建にあたる。1905年藤田組を退社。茨城県赤沢銅山を買収,久原鉱業所日立鉱山と改称。08年に同鉱山内に鉱山用電気機械の修理工場が設置されたが,これが日立製作所の始まりである。以後,第1次大戦下の好況にのって多方面の事業に進出したが,戦後恐慌により久原商事が破綻するなど大きな痛手をうけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くはらふさのすけ【久原房之助】

1869~1965) 実業家・政治家。山口県生まれ。久原鉱業・久原商事・日立製作所を創立。逓相・政友会総裁などをつとめ、一国一党論を主張。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久原房之助
くはらふさのすけ

[生]明治2(1869).6.4. 山口
[没]1965.1.29. 東京
明治・大正期の実業家,第2次世界大戦前の政治家。慶應義塾を卒業後,森村組や藤田組に勤めたが,1905年独立して赤沢銅山を買収し日立鉱山 (のちの久原鉱業) と改称してこれを経営。その後久原商事 (1918) ,日立製作所 (1920) などを設立,実業界の雄となる。 1927年諸事業を義兄鮎川義介にゆだねて政界に転じ,田中義一内閣の逓信大臣,立憲政友会幹事長などを歴任した。 1936年の二・二六事件の際右翼に資金を提供して反乱幇助罪に問われる。第2次世界大戦後追放されたが,解除後は日ソ・日中国交回復に尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久原房之助
くはらふさのすけ
(1869―1965)

企業家、政治家。山口県生まれ。藤田組の創始者藤田伝三郎の次兄久原庄三郎(しょうざぶろう)の四男。慶応義塾卒業後いったん森村組に勤務するが、叔父伝三郎の要請により藤田組に転じ、小坂鉱山の経営刷新に努めた。1905年(明治38)藤田組を辞し、茨城県下の赤沢鉱山を買収、これを日立鉱山と改称して独立した。1912年同鉱山を基盤に久原鉱業所を設立、第一次世界大戦のブームで巨利を得て、久原財閥の形成を意図した。しかし大戦後、産銅事業の不振と久原商事の破綻(はたん)によって不振に陥り、経営再建を義兄の鮎川義介(あいかわよしすけ)に委嘱、政界入りした。衆議院議員となり田中義一内閣の逓信(ていしん)大臣に就任したのを皮切りに、政友会幹事長・総裁、内閣参議などを歴任した。第二次世界大戦後は公職追放となり、解除後、衆議院議員に一度当選し、また、日ソ・日中国交回復国民会議議長に就任し、両国との関係回復に努めた。[宇田川勝]
『久原房之助翁伝記編纂会編・刊『久原房之助』(1970) ▽古川薫著『惑星が行く――久原房之助伝』(2004・日経BP社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の久原房之助の言及

【政友会】より

… そして,各層の期待を担い,清新ムードのなかで登場した近衛文麿内閣の成立には政友会は好意的態度をとり,1937年7月日中戦争が勃発すると,党をあげて戦争遂行を支持し,翌38年議会の権能を大きく制約する国家総動員法案に対しても反対できなかった。37年に鈴木総裁が辞任して以後,政友会は中島知久平,前田米蔵,鳩山一郎,島田俊雄の4代行委員制の下で運営されたが,中島ら革新派が近衛の新党運動に接近したため党内対立は激化し,39年中島派が強引に中島を総裁に決定したため,鳩山派はこれに対抗して久原房之助を総裁に推し,ここに政友会は両派に分裂した。 これ以後,政友会は軍部の思惑や政府の政党操縦策のために翻弄されて動揺を続け,40年に入って近衛の新体制運動がおこると,久原派が7月16日に解党し,引き続き中島派が30日に解党することになり,政友会は40年に及ぶみずからの歴史に幕を下ろした。…

【日本鉱業[株]】より

…非鉄金属と石油の資源開発,精製,精錬,加工を行う。 1905年,久原房之助(1869‐1965)が茨城県日立の赤沢銅山を買収し,日立鉱山として個人創業したのに始まる。07年に久原鉱業所と改称,日本有数の産銅会社に成長し,12年には久原鉱業(株)となった。…

【日立鉱山】より

…1591年(天正19)に発見され,常陸領主佐竹義重が開発したと伝えられるが,水戸藩政下,明治前・中期を通じてなん度か稼行されながらも,悪水問題(鉱毒水による田畑の汚染)などのために発展をみることがなかった。1905年藤田組の小坂鉱山所長であった久原(くはら)房之助が買収し,日立鉱山と改称。久原は大規模な自家発電により坑内外の電化を行って開発に成功するが,07年早くも鉱山の〈死活を決する〉煙害問題が発生し,関右馬允(せきうめのじよう)を指導者とする近隣農民の煙害反対運動に直面した。…

※「久原房之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久原房之助の関連キーワード鮎川義介(あいかわよしすけ)ジャパンエナジー(株)日立製作所[株]日本鉱業[株]大谷 敬二郎水野 錬太郎反軍演説問題日立(市)亀川 哲也米沢 万陸中島知久平水野錬太郎前田 米蔵鮎川 義介日立[市]石井 好子山口 義一小泉策太郎国民同盟昭和時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久原房之助の関連情報